安藤和夫木工展に賛助出品します

創作家具作家の父の個展に「火宅の花」シリーズの最新作を2点
賛助出品いたします。


kataku161114.jpg
【“火宅の花4” 2016年 鉛筆・紙 A5】


【安藤和夫 木工展】
2016/11/16(水)~22(火)
最終日は午後4時閉場。

横浜高島屋7F美術画廊→http://www.takashimaya.co.jp/yokohama/event3/






私が出品する作品は
今年(2016年)春の「ドローイングとは何か」展に入選した作品の続編となります。
もう1点ありますけど、とりあえず1点。




今まで父の個展があるたびに
2点ぐらいずつ賛助出品してきまして
ずっと油彩だったのですけど、

今年に入って突如として鉛筆画に目覚めたため
今回は鉛筆といきました。

ちなみに今回の出品作品はパネルに貼った紙に描き
父作の額に作りつけになっています。
(絵より額の方が高級なのよ/笑)




作品部分。
katakub.jpg




部分2。
katakua.jpg

ちなみにこの部分画像は大きく写っていますが、約二倍の大きさでお届けしています。



私も2回ほど会場に行く予定です。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!
関連記事

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

こんにちは。

先日は清閑亭で作品拝見し、またお目にかかることもでき、実は道を間違えかなり歩いたことも忘れてしまいました。
「淵に咲く」は素晴らしい構図ですね。この圧するような大胆な切り取り方が好きです。
来週美術館に他の展覧会に出向く予定があり、作品拝見するのを楽しみにしています。

折がありましたら是非お尋ねください。
12/12-24迄 若い作家、高橋舞子さん(絵画)の4度目の展覧会になります。

Re: こんにちは。

シルバーシェル 林様

先日は遠いところを清閑亭にお越し下さり、まことにありがとうございました。
あの大きな向日葵の絵“淵に咲く”は、やはり一番目立つ作品のようです。
今年の西相展(地元の公募展です)では最高賞の「西相美術協会賞」を受賞いたしました。

シェル美術賞2016にも、お時間がありましたら是非ともご来場くださいませ。
シェルの入選はまさしく努力が実った形ですので、私自身とても嬉しいのです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)