2017年もよろしくお願いいたします

みなさま、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。
少々遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。


私は昨年

朝日新聞神奈川版で新連載「昭和を紡ぐ店・人」(挿絵担当)開始、
「ドローイングとは何か」展入選、
シェル美術賞2016入選、
西相展・西相美術協会賞受賞、
横浜・岩崎ミュージアムに小田原・清閑亭と合計2回個展、


などなど、なかなかの充実した一年を送ることができました。



応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
2017年の展示第一発目はこちら、
京橋・ギャラリー檜B・Cのグル―プ展「Interacive-YOUTH-」です。

hinoki17.jpg



「Interacive-YOUTH-」

2017年1月23日(月)~28日(土)
11:30am~7:00pm(最終日5:00pmまで)

〒104-0031
東京都中央区京橋3-9-9 ウィンド京橋ビル2F
Tel:03-6228-6361
Fax:03-6228-6388
g-hinoki@axel.ocn.ne.jp
http://hinoki.main.jp/img2017-1/exhibition.html







毎年開かれる20代~30代のアーティスト限定のグループ展です。
私は鉛筆画を数点、出品いたします!

去年の春、突然鉛筆画に目覚めてしまって以来
この短期間ですっかりメイン技法のひとつに昇格してしまいました。

新作も出ますのでご高覧いただければ幸いです。






で・・・
最近悟ったこと一つ。



実は私、年末年始に泥沼そこのけの鬱状態だったんです。
(おかげで「絶対に笑ってはいけない」が見られなかったぞ)

期間的にはそうねえ、30日から正月2日くらいまでかしら。



2日は母と外出する予定があったので
なんとか一緒に行ったのですが(私が行かないとだめな用事だったので)、
駅のホームでベンチに座ることがもうできないという状態でした。

本数が少ないことで有名な御殿場線ですので
電車待ちの時間がけっこうあるんですよ。
その間、座って待っていれば楽なはずなのに
2メートル離れたベンチまで移動する体力がない。


たった2メートルの距離が移動できなくなる。
それが鬱状態だということを、久しぶりに納得しました。


2016年は全体的にテンション高めだったので
久しぶりに体感した、ある意味なつかしい感覚でした。もう体験したくないけど。




ただ、今は復活しています。
おいおい4日で鬱状態回復ってお前何したんだよって、
2日の午後から絵を描き始めたのです。
ほかにできることもなかったし。


年をまたいで制作している大作があったから
その続きを一気に始めました。


そうしたら、




回復。(゚д゚) ウッソ~ッ!??


・・・



以前どこかで
「絵を描いていなければ自分の精神が崩壊してしまう」
と書いたんだっけな、私。


本当に崩壊したわ。

比喩表現としてではなくて。


はからずもそれを自分で証明してしまうこととなりました。




気がついたら12月には、ほとんど絵を描いていませんでしたからねえ・・・
年末も近づいてから一気に
グル―プ展や2度目の個展やシェルの授賞式やらが重なったので。



描いていないとだめなんですねえ、私。



いったんハマり始めたらものすごい波が来たので、
好きなCDをかけまくりながら昼も夜もF100号と格闘です。
(もちろんRonnie James Dio様の作品さ~)


ちなみに鬱状態→制作にハマりまくりの流れで
4日ほど掃除をしていなかったため
制作の合間に掃除もやりました。




こんな感じで年初めから軽く波瀾の日々ですが
今描いている勢いが続けば、また良い作品が描けそうです。
もしかしたら予想よりも早く。



どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

皆様にとって今年もよい年でありますよう、
心よりお祈り申し上げます。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR