「昭和を紡ぐ店・人」5月は長田商店でした

朝日新聞神奈川版で月一連載中の
「昭和を紡ぐ店・人」、
5月は長田商店でした。



※今月から第四金曜日に掲載日が変わっていました。
 第三土曜日を楽しみにしていらした方、すみません。実は私も知らなくて・・・

asahi170526.jpg





昔懐かしい燃料屋さんで、置いてあるのは炭・薪・練炭など。
ほかには氷も売っているそう。


燃料がメインとのことなので
描く場面は炭がたくさん置いてあるところに決定。


ちゃんと張り紙も読めるようにしてあるんですよ。
挿絵を見て一目でわかるように。


拡大図

asahi170526biga.jpg

「岩手木炭なら6キロ¥2300」





氷を切るための鋸や、昔はよく使われていた専用のはさみなどもあったのですが
残念ながら画面に描けなかったので、
代わりに「氷」の旗をしっかり描きました。


拡大図その2

asahi170526bigb.jpg




デジタル版はこちら


いつもどおりカラーになっています!

asahi170529.jpg




さて、「昭和を紡ぐ店・人」もラスト1回となりました。
次回までどうぞお付き合いをお願いたします♪
関連記事

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)