10年越しのネタ

↓こちらの作品。


kawanohotori1707120001.jpg
【“河のほとり” 2017年 油彩 F4号】


8月に早稲田のドラードギャラリーで
企画展に出品する予定です。

その企画展「Fantastic Art Exhibition」は
会期が近くなったらまたお知らせしますのでお楽しみに。


今回、注目してほしいのは
“河のほとり”というタイトル。


実はこれ、14年くらい前に
タイトルだけ浮かんでいたもの。


タイトルだけあって作品がなかったの(笑)






異世界との境界線みたいな意味で、大きな河のイメージはあったんです。
“ほとり”というのは境界線のあいまいさ、
こちらの世界と向こうの世界の中間地帯をあらわす概念で・・・

とここまで考えていたのに
どーにも具体的な画像が浮かんでこなくて
そのまま14年たちました。




ここ2年くらいの私には
どうもこのパターンが多い。

むかし頭に浮かんだアイデアが今になって具現化しているパターン。

向日葵がその典型です。


向日葵のアイデアが浮かんだのは10年前、2007年で
ちょうどこの年に「何を描くか」が一気に見えてきた。

ダイジェストでお送りすると


チビの頃から戦争写真&映像に囲まれて育つ

慢性的PTSD状態で寝ても覚めてもフラッシュバック

表現しなければ治らないと気付く

自分から写真集に再会

恐怖のイメージを形にし始める←イマココ(当時)



てな流れで。


もちろん最後の「イマココ」にたどり着くまでには
「Ronnie James Dioの映像&音楽で開眼する」という
奇跡の一瞬が必要だったわけですが・・・

あと同時期に見たIron Maidenもそう。
戦争や死についての曲でずいぶん触発してくれました。



※このときの出会いについては「帰ってきた長崎の天使」という記事に書いていますので
 よろしければご参考に読んでみてください。




で、当時の段階ではまだ
向日葵の花を描くところまで行っていなかった。

人間描きたかったし。


さんざん人間(そして天使)を油彩で描いて
さらに漫画まで400ページくらい描いて、
そのあとやっとこさ向日葵の花を描く余裕が出てきました。




今ね、実はまた2007年に浮かんだ別のアイデアを
作品化しようと考えているんですよ。
そろそろ。

こういう具合で行くと
今年浮かんだアイデアをまた、10年後に描くことになるんでしょうか。


とかくネタにだけは困らないようです。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 油彩 向日葵 戦争 トラウマ PTSD RonnieJamesDio

コメント

No title

10年後し・・・のお話にちなんでか、おひさしぶりに書き込みます。

こういうのって私の場合だと、10年前から見ようとは思ってたけど、なかなか見てなかった映画とかドラマとか漫画をいまさら見る、みたいな感じでしょうか・・・

なかなかその気にならないけど、ふとその気になったり、ってありますよね~

Re: No title


kotatsuさん、お久しぶりです!お元気ですか?
そうそう、評判だけ聞いていたとか、一度見ただけとか、そういうドラマや本を見返してみたら熱中してしまった。みたいな感じかもしれません。
いつなんどき何を好きになるか、なかなかわからないものです。それがまた面白い。

No title

お元気にしております~。
フェイスブックの方も毎日のように見てはいるんですけど、しばらく書き込んでないと、お久しぶり感が出てしまうのは、ネットならではですねぇ。

10年以上、見ようと思って放置してるドラマとか映画結構たくさんあるんですけど、見る場合もあるんですが、結局死ぬまで見ないのでは・・・ってのもあるんですよね(笑)


Re: No title

kotatsuさんがご健在でよかったです^^
なんか「その気になる」のって波があるんですよね。私も眠っていたネタがいつ目覚めるか楽しみです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)