アクリル アクリル

画材屋さんのサマーセールでひっさびさに大量購入して
テンションのあがっているニキです。


只今、アクリル画の制作に胸熱中。



kataku1707260001.jpg
【“火宅” 2017年 アクリル・紙 F0号(180x140mm)】






ほとんど美大受験予備校以来使っていなかったアクリルに
なぜ今頃目覚めたのかといいますと


ドラードギャラリーの「天使の詩」展会場で
パトロンプロジェクトの菊池麻衣子さんとお会いしたのがきっかけ。


その菊池さんとはシェル美術賞2016の授賞式で
お会いしたのがきっかけ。
思いがけずもニキミュージアムギャラリーの黒岩さんご夫妻も一緒に・・・(@_@)


あ、パトロンプロジェクトについてはHPご参照のこと。アーティストとの交流・応援プロジェクトです。
https://patronproject.jimdo.com/




「ニキさん、アクリル画が向いているんじゃないの?」と言われ


ふむ、今まで発想がなかったけどそれもありかと
内心で膝を打ち


家に帰って開かずの引き出しを開けてみたら


未使用のアクリル絵の具がザクザク・・・



しかもだよ、


青系はほとんど使ったことがなかったので
ほぼ新品のまま。




天の配剤たあこのことよ。





油絵の具を使い慣れた身にはなかなか未知のところもあって


全体的にゆるいんでキャンバスの布目がなかなか埋まらない・・・とか

筆につけて塗ると、最初はずるっと滑るのにそのくせ伸びない・・・とか

とにかく乾燥が早すぎてせっかく混ぜた絵の具が使えなくなる・・・とか



無数に悩んでいましたが

2週間ぐらい使っていたら徐々にあやつり方も覚えました。




冒頭の作品は2年6カ月くらい前に浮かんだ図で
油彩で描こうとしてあまりうまくいかなかったのを
これ幸いとアクリルで描いてみたもの。



使い慣れると気がついたんですが
アクリルって使いようによっては日本画のようなタッチが出せるんですね。


私は日本画風タッチにも憧れていて
なんとかして油彩でそういう雰囲気を出せないかと苦労していましたが

これはアクリルの方がうまくいくかも。


実際に日本画をやったことはないので
幻想の日本画ですが。



それにしても昨年には鉛筆、
今年にはアクリルって
使える画材が増えていくな~。

そして画材の幅が広がると、描ける絵も増えていく。

今はもっぱら、前にスケッチだけ描いておいたアイデアを
アクリルで本制作する計画をたてています。
関連記事

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : アクリル シェル美術賞 ドラードギャラリー 日本画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)