企画展ポスターできました

10月18日~23日、瀬戸屋敷企画展の
ポスター完成しましたよー!
瀬戸屋敷個展ポスター0001



使った作品は、今年3月に完成した“明け方に見たまぼろし”(油彩、F15号)です。

この作品、
東日本大震災が襲ってきて一番最初に完成した油彩なんですよね。
だから私にとって意味も思い出も深い。
思い出って言うほど昔じゃないけど・・・でも間違いなく、これから思い出になるでしょう。確実に。

だから今回は、
ポスターに使うならこれしかない!と思いました。


以前、このブログで一度紹介したこともあるのですが(「トラウマよ、こんにちは」の記事ね)
実際に見た悪夢をもとにしているんです。

で、このさいだから
より詳しく解説してみようと。


下にいる女の子は私の絵によく出てくる子で、ヒイナって名前です。
私の分身でもあります。
なぜかいつもフードをかぶっているの。

この子が暗闇の中に迷い込んでいたら
突然、その中に人の顔が浮かんできたところ。
彼らは死者かもしれないし、かつて滅んだ別の世界の人なのかもしれない。
彼らのメッセージを読みとることで、ヒイナは闇の中でもひとつずつ前に進んでいくわけ。



そしてこの作品一枚のために
もとになったイメージは、おそらく19個くらいはあるはずです。


うちわけは次のようになります。


①戦争の写真:本で見たもの

②同じく戦争の写真:テレビのドキュメンタリーで見たもの


①は4つ、②は3つありました。両方でダブっているイメージがひとつあるので、それは片方からのぞきました。
②は個々の写真ふたつに加え、テレビ画面全体の構図を一つに数えています。
この画面の構図がそのまま夢に出てきてしまいました。
その夢ですよ、この作品の構図に直接に影響を与えたのは。


③30年くらい前の、あるロックバンドのライブ映像

④20年くらい前の、やっぱりロックバンドのライブ映像


③と④は、描いた人物の顔立ち(ヒイナ以外)に影響したものです。一人に一つと計算して3つずつ、
合計6つ。
④の中に、①で見た写真に似ているイメージが3つあって
それを別に計算してくわえると6+3で9つ。


⑤初期ルネサンスのかなりマイナーな画家の絵

これは技法に影響したものです。参考にした作品がふたつ。


⑥ある映画に出てきた女の子の顔

これはヒイナの顔立ちに影響。ヒイナが私の分身でありつつ、はるかに可愛いのはこのためです(爆笑)


これらを足し合わせると、7+9+2++1で19。
合計19コのイメージが、この一作の中に込められているというわけ。


一応の計算なので
ほかにもっと、私自身でも気づいていない源泉があるかもしれません

それで「おそらく19個くらい」というあいまいな表現にしておきました。


ヒイナのフードの謎にしたって、源泉がいくつでも考えられるんです。
私が子供のころに、よくフードをかぶっていた思い出かもしれないし
防空頭巾のイメージかもしれません。


両方が混ざっていることはもっとありそう。


私は子供のころ
外の世界のうるさい音や、はげしい空気の振動に耐えられなかった。
いつも銃撃戦の中にいるみたいで、よくパニックを起こしました。
頭を保護してくれるフードが必需品だったのです。
だから防空頭巾をかぶっている子の写真が、とりわけ印象に残ったのかもしれません。




まーともかく、こんな感じで毎回描いてます。
作品でイメージの源泉を数えたの、これが最初だったよ(笑)


会場で皆さんをお待ちしております!
基本的に毎日いるつもりなので。よろしく☆

※今回の記事、はじめはカテゴリーを「ニキよりみなさんへ」にしたけど
 「アスペルガーのこと」に変えました。
 こんな制作方法をしている画家はあんまりいないと思いますし
 イメージの昇華の仕方もかなり独特で、おそらくアスペルガーと無縁ではないと思いますので。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)