「春のはじめのころに」第十四回

「春のはじめのころに」第十四回をお届けします!

 ●前回までのあらすじ

 荒廃したかつての王国で、難民となった人々は
 わずかな望みをつないで南への旅を続けていた。

 そんな人々の中に、盗賊の男・獣目と、彼を慕う孤児の少女ヒイナがいる。

 わざと強い者に挑み、自分より弱い者や
 持たざる者からは決して盗まない獣目は、次第に難民たちから英雄視されるようになる。
 一方ヒイナは、彼についてゆきたくて保護者だった母子と別れてしまった。
 
 ある時、難民たちは、とある修道院にやってくる。
 一人ぼっちのヒイナは修道院長に救われ、いっぽうで獣目はあいかわらず。
 
 さまざまな人間模様を経て、人々はまた新たな道を歩むのだった――


リンク:第一回  第二回  第三回  第四回  第五回  第六回  第七回  第八回  第九回  第十回  第十一回  第十二回  第十三回

春14-10001



春14-20001






春14-30001






春14-40001






春14-50001






春14-60001






春14-70001






春14-80001






春14-90001






春14-100001






春14-110001

次回を読む

テーマ : 創作・オリジナル - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)