筆のすさび・2013書き初めの巻

年明けから(私にしては)ブログのアクセスが多くて
みなさんに感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございます☆

こいつは冬から縁起がいいわえ!

元旦にあわせて『筆のすさび』をUPしたんですが、
また浮かんだんで描いちゃいました。

せっかく浮かんでるし、ネタを無駄にするのももったいないし(笑)。

ではどおぞ↓

「書き初め」

書き初めすさび10001



書き初めすさび20001



書き初めすさび30001



「年首御慶」というのは、王朝時代の年頭のあいさつ。
「年の初めをお喜び申し上げます」の意味だそうです。
花鬘はちょっと古風な感じの女の子なので、これにしてみました。


「毘留善麻利耶(びるぜんまりや)」はポルトガル語のVirgem Maria。
聖母マリアのことです。
日本のキリスト教徒が“切支丹”と呼ばれていた頃の呼び方。

またもや、いつの時代のどこの国だって話ですが(笑)。


これ、描きはじめたら予想外に大変でした。

筆のすさびはあくまで「すさび」のはずなんですが・・・
結局その「すさび」のために
3日間徹夜するはめになっちまっただよ(爆)


なんだかんだいって
昼間は年賀状の返事と、正月なのにはやくも初仕事ですんで。
それに「すさび」とはいっても
これも“作品”として描いてますからね。


これを描くために、高校時代の『国語便覧』その他を
ひっぱりだして
使えそうな四文字熟語をさがしたんですぞ!わざわざ。


いや、慶應義塾大学にいるころ
哲学のテキストだったかしら、
「芸術とは命がけの遊びである」という言葉がありまして。

つまり、本来は命に直接かかわることでない(=遊び)けれど
のめり込むと命がけになるということ。
正月早々、まさにわが身で実践してしまいましたよ。

創作者に休みはないぜ!!!


※キャラクターについては「プルガダイスの住民たち」
 修道院長&ペトロについては「劇画作品・第12回」をご参照ください。



おまけ

書き初めすさび おまけ0001

呉越同舟・・・敵同士が同じ場所にいること
関連記事

コメント

あけおめです。

去年の12月からファンになりました!
ヒイナちゃんにはぜひお年玉あげたいです。

今はバックナンバーみております。
応援してます~

Re: あけおめです。

kotatsuさま、初コメントですよね?
コメントと応援をありがとうございます!
また、こちらからもあけましておめでとうございます。

ファンになってくださって嬉しいです。
油彩やストーリー劇画は重い内容が多いですが
「筆のすさび」でこういうのも描きます(笑)
今年はどんな作品が生まれるか、どうぞ見守っていて下さい(^^)

No title

おめでとう御座います。
今年もよろしくお願いいたします。
御慶 これ落語にも有りまして 長屋の熊さんが上下 手に入れたので それを着て年始まわりに行きたいのだが 自分でも覚えられる年始の挨拶言葉をと長屋の家主に聞きに行ったところ この御慶といえと(笑)

No title

返信ありがとうございます~
陰ながら、見守っております。

Re: No title

viragooさん こちらこそ明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
箱根はさぞかし寒いことでしょうね。
落語ですか~(笑) 私ももしかしたら読んだ方がいいかもしれませんね(^^)/

Re: No title

kotatsuさん

いえいえ、どういたしまして(^^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)