『われ、深き淵へ』第一回

劇画作品の第二作目をご紹介いたします。

昨年末から描きはじめて、ようやく完成!
第一作目は連載しながら描いていましたが、
今回はあらかじめ
終わりまで仕上げてからUP,という形にしました。


《はじめに》

●この作品はフィクションです。
 舞台も、出てくる人も、まったく架空のものです。
 ただし、私が今までに見たり聞いたりした話にもとづいています。
 その中には直接体験もあれば、
 忘れられなくなった間接体験もあります。

●この作品のテーマは“救済”です。

●作中に暴力シーンが何回か出てきます。
 “救済”というテーマを追求するためには、
 それが求められている状況を、まず描く必要があったためです。


深淵10001




深淵20001





深淵30001





深淵40001





深淵50001





深淵60001





深淵70001





深淵80001





深淵90001





深淵⑩0001





深淵⑪0001





深淵⑫0001





深淵⑬0001

次回に続く!
関連記事

テーマ : 創作・オリジナル - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

次回は痛そうなシーンがありそうですねぇ~

怖いけど、次が読みたくなります。

Re: No title

はい・・・。

次回のみならず、
全体的に痛かったり苦しかったりするシーンの割合が高いかもしれません!
“救済”を描くために、「そうではない」状況を描かなくてはならないという・・・
こういうのをパラドックスと言うのでしょうか(^_^;)

ともかく、ご期待下さいませ!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)