突然ですが 3

ご報告、第三回目です。

前回に引き続き、内容がちょーっとアレなんで
食事中の方は読まないでくださいね(笑)。


ノドの傷はだいぶ治ってきたようです。
詰まっていた錠剤がひとつぶんから半分くらいの大きさになりました。


が、
今度はどうも胃の調子が悪い・・・




痛いし、重い。
違和感がハンパじゃないです。

昨日の朝方、
胃の上部がいきなり妙なことになった――とは
前回の記事で書きましたが

やっぱり出血起きていたのかもしれないなー。



ノドの粘膜に起こるのと同じことが
胃の粘膜に起きたのかもしれません。

なぜ分かるかって、
感覚が似ているから。

粘膜が破れるときって
たいてい内出血ではじまるのですが。
そのときの「出血で一部分だけふくらんできている」感じが
今回の胃の症状ともよく似ていたんですよね。


ただ、ノドの時とはちがって
血が出るところまでは今のところ行ってません。
内出血でどうにか済んだのかも。
これがやぶれると大ごとですが。


大ごとったってねぇ、
安静にしているしか対処方法ないんだけどね(苦笑)。


休むことができる状況なので
ともかくひたすらに休んでます。
どうやらそれは、私に一番欠けていたことらしいから。

もちろん、
休んでいたって自分の心は自分の中にありますから
休ませたい感性もなかなか休んでくれなかったりはしますよ。

それは仕方ないけれど

常にテンションをあげていた状態から遠ざかること、
療養期間と割り切って
普段とはまったく違う生活のリズムをすること、
こういう期間をもつことで
神経がちょっとは立て直せるかなと思っています。



眠りたいときに好きなだけ眠る――なんて
こういうときじゃないと出来ない。

こういうときじゃないと――って
別に私の方から望んだことではないんだけど。


私は発作が起こってから
3日間、カフェインを一切とっていないのですが
そのおかげなんでしょうね。

よく眠れるんだわ、これが(笑)。


そして、眠っている間に
いっときみたいな恐ろしい夢を見ないで済んでいるのが
いまではせめてもの救いかもしれないです。

しかし、人って
どんな時でも“せめてもの救い”を探してしまうものなんですねぇ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)