突然ですが 5

ご報告5回目。

今日も朝からキャベツざんまいでした(笑)

昨日ほど「キャベツがしみる~~!!」って感じではないのですが、
おそらく今の体に必要なものなんだと思うので。



あと、イチゴ!
イチゴはビタミンCがたっぷりあるそうなので
これもよく食べてます。

キャベツのビタミンUとイチゴのビタミンCと、
どっちも粘膜の再生に不可欠な栄養素なんだとか。

情報源はウチにあった本。
『病気を治す栄養素』についての本で
これはなかなか重宝しています。



実は昨日・今日と
二日連続で朝5時くらいに目が覚めてしまったんですよね。
(なぜか)

夜の方が起きていて楽だから
就寝するのはけっこう遅い。
だから夜間は3時間睡眠くらいで目がさめちゃったことになる。

寝ようとしても寝られないので
仕方なく起きだして、掃除とか自分用の料理とかやってました。


で、あとで疲れたと感じたらそのときに眠るんです。

昼間ずーっと起きているのもきついし
何よりも食事の後、しばらく横になっていないと
まだ胃がへんなのです。

傷がなおりかけて、なんか“かゆい”んです。
胃の中で。
食べ物が入ると、そのせいで咳が出たりするし。
咳のせいでまた出血したら
話にならないんで
どうにか抑えていますけど・・・



そうやって眠れる時に眠っていたのですが
今日は午前中に眠っただけで
午後は眠れなかった。


もしかして、これは良い傾向かもしれないな・・と
ほんのちょっと期待。



だって、
眠る必要がなくなってきたという
兆候かもしれないからです。


喀血した最初の頃は
24時間のうちで5時間ぐらいしか目が覚めませんでした。
計っていないけどたぶんそのくらい。

お茶をいっさい摂っていないためでも
あるんでしょうけど、
いくらでも眠れる。怖いぐらいに。


初日ほどのすごい眠り方ではなかったけど
その後何日かはやっぱり、
眠ろうとすればいくらでも眠れた。

それが今日になって、眠ろうとしても目が覚めていました。

興奮して眠れないんじゃないはずです。
今、神経が高ぶるようなことは
なるべく遠ざけていますから。
(ハードロックも封印だよ~)


だからおそらく
これは身体の方で
「休む必要がなくなってきた」と感じているのでしょうと。
そう思いました。


ま、希望的観測ですが(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

良い傾向なのでは?
私が読んだ本の中に、「人間基本的に1日6時間以上の睡眠は体には良くない。もっと短いほうがいい」なんてのがありました。

「睡眠」って行為は頭を休めるためのもので、体は寝なくてもジっとしてれば回復するそうです。
4,5日前にはゆっくり休んで下さい、と書きましたが無理して寝るのも良くないかも・・・

ちなみに、私はコーヒーが好きでカフェイン摂りまくりだったんですが、体に良くないなと思い、止めたり減らしたりしたら調子良くなりました(笑)
カフェインも基本的にあまり体に良くない気がします。緑茶のとコーヒーのとではまた違う感じもしますけど。

あと、私も夏は辛いものが食べたくなります。そして冬は甘いものばかりになって太ります(笑)

Re: No title

今回もありがとうございます。
睡眠時間はだんだん普通になってきたようです。

私もカフェインは必需品でしたね~。
「よくない」って言われることも多いですが、うつ病の時はそれがないと全然身体が動きませんし。
ただ今回のこれをきっかけに
もうちょっと減らせるといいな、と思っています。
全くとらない時期を経たので。

「夏は辛いもの、冬は甘いもの」・・・ってそれ、よくわかります~!
たぶん生理的に正しい欲求だと思いますよ。
夏は辛いもので代謝を良くして、冬は糖分でエネルギーを補給です(^^)
NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR