おそらくは回復期

ご報告のタイトル変えました。
本日から「おそらくは回復期」になります。これがたぶん第一回目。



喀血が起こって8日目。(胃がおかしくなってからは6日目)
かかりつけの病院に行ってまいりました。
どのみち、そろそろ薬もなくなってきていたし。
私、アトピーも抱えているんでね~。



症状もだいぶ改善してきたので
ひとりで病院に行く体力もついてきたのです。

しかし、「病院に行く体力」というのが何とも・・・
いよいよ危ない!という時は病院にも行けないのよね。


ま、それはさておき
いつもお世話になっている先生にもご報告。


ええ、話しましたとも。


ノドのことから胃のことから

精神的に逼迫するとこの出血が起きること、

その逼迫は私自身の発達障害からも来ているらしいこと、

はじめの日には死んだように眠れたこと、

高熱でダウンした時とそっくりな眠り方だったこと、

ついでにこの事件をきっかけに
「カフェイン離脱計画」を実行中ということまで。


先生はそれを聞きながら
カルテにメモを書き書き。



私がかかっている先生とは
もう子供のころからのお付き合いなので
内科・アレルギー科のみならず
心理カウンセラーでもあります(私にとって)。

なのでしゃべりまくってしまいました。


・・・先生、カルテにちゃんとメモできたかな・・・
喋るの速すぎたか・・・



いつももらっている薬に加えて
胃の薬も出してくれて
それはまあよかったんですけど、

「念のために」と
血液検査と胸部レントゲンまでとることに。



大ごとみたいで怖いですよぅぅ(@_@;)
それとも実際大ごとなのか~



血液検査・・・血球とかコレステロール値とかのほかに
アレルギーの検査までやったのかなあ?
またアレルギー強くなってたらやだなー。




なんて思いながら帰ってきたら
そんな気分を吹き飛ばす事件が!!


自宅の庭に
今年初めてのナガサキアゲハ到来です!


ナガサキアゲハは私にとって深い意味をもった蝶で
何度も、不思議なめぐりあわせを体験してきました。

今までにも、私に何かを知らせるように出現したことが
何度もあります。
これできっと、良いことがおこることでしょう。



※くわしくは下の記事をご参照くださいね。
 ↓
 「八月の黒い蝶―ナガサキアゲハの話」
関連記事

コメント

No title

楽しい事、嬉しい事があると、体も元気になる、そんな気がしてます。

実際、いつも痛い所が痛く無くなったりしたんですよね~

Re: No title

ほんと、そのとおりなんですよね。
心の力は実に偉大ですよ~。

たとえ思い込みでも、決して無意味なものではないと思います。

No title

今日のブログの秀名館 是非一度行ってください。
幸さんとも関係の深い 天山の義二君の温泉です。
温泉というか 神の領域のに入った温泉療養です。
たぶん 飲んでも良い結果が出るのではと。

Re: No title

viragooさん、こちらにありがとうございます。
温泉は聖域になっている場所も多いですね。というより、本来そういうものなのかも。
しかし幸さんも顔が広いですね~
さすがは敬さんの奥様だった方です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)