おそらくは回復期 4

回復期になってからのご報告、4回目です。
今回は南瓜の話が8割がたになってしまいました。
副題を「かぼちゃ天国」とでもするべきでしたね(笑)。

13.5.17.かぼちゃ煮0001
南瓜~☆ かぼちゃ~☆



今のところ、
新たな出血その他は起きていません。ほっ(^^)


キャベツへの欲求が減ってきたので(笑)
まあ、改善していっているのでしょうね。

いっときはモンシロチョウの幼虫のごとく
食べ続けたキャベツですが
現時点では人間並みの量に落ち着きました。


逆に、反動のように食べているのが
南瓜!!(笑)


前のご報告記事で書きました、
「南瓜とバナナを食べると胃が痛い」こと。

胃壁が潰瘍みたいになっちゃっていると
南瓜&バナナが沁みるのです。
口内炎にも南瓜が沁みたりします。



で、「なぜに南瓜か???」と
謎に思いつつ
ずっと食べられなかった日々・・・



しかし。



先日、
ついに食べても沁みなくなったのです!!祝




それでよっしゃと大喜びし(笑)、
自分で南瓜を買ってきて
南瓜料理にいそしんでおりますよ。

(なぜかバナナはここまでじゃない)


今の季節、
ちょうど南瓜が美味しくなった時期らしいし。

まあ最近は
どんな野菜でも一年中スーパーにあるけどね。
それでも季節を外れると
味が落ちたなーとか感じます。

(↑あ、もしかして住んでいるのが田舎だから?笑)



ちょうど、さつま芋とバトンタッチするような形で
南瓜が美味しくなるみたい。
でんぷん質大好きの私にとっては
ありがたい自然の配慮です。


私がよく行くスーパーでは
わりと南瓜に当たり外れがないのも嬉しいところ。

南瓜って、けっこう当たり外れがあるんですよね。
ほくほくしたのと、水分が多くてぺちゃっとしたのと。
私はほくほくの方が断然好き。


今までにも
ポタージュとか南瓜の蒸しパンとか
いろいろな料理をやってみたけど
結局、
南瓜は煮ものにはじまり煮ものに終わる――
とも言えるなと感じます。

材料本体が美味しければ
シンプルな料理法で十分イケるのです。

煮ものだって
あんこみたいに甘くしなくてもイケる!
素材にそれだけの力があるからです。




・・・なんか

気がついたら南瓜の話ばっかりになってますね。
スイマセン。


でも、具合がよくなっているみたいだから
嬉しかったのよ~。

なにせダウンしている最中も
「南瓜とバナナが沁みなくなったら回復だ」
と思っていたくらいですから。




それにしても、
こういうときに断言できないのは
なんとももどかしいです。

自分の体で
いつ、どこに、何が起こるか分からないので
「まあ良くなっているみたい」としか言えないのです。


今回の喀血事件だって
起こってみるまでは
まさかこんなことが起こるとは思わなかったものね。

起こった後になってはじめて
「あ~身体に負担をかけていたんだなー」と気付くのです。

結果が起こる前に
原因に気づくことができたらいいんですけどね。


人生もこれに似ているかな・・・

コメントの投稿

非公開コメント

No title

病気がくる時ってそんなもんですよねぇ。
急に症状が出て、起こってみて分かる、みたいな。

キャベツばっかりの次はかぼちゃばっかりですか・・・
あんまり偏るのも若干心配なような(笑)
まあ私もトマトばっかり食べてた時があったのであんまり言えませんが(笑)

ちなみにかぼちゃ天国には天使は居ないんですか?

Re: No title

ほんと、こうなる前にどうにかならなかったかな~?と
自分でおもうことしばし、です。

南瓜は連日、たいへん美味しくいただいていますが
なにも南瓜だけ食って生きているわけはないのでご安心を(笑)。

かぼちゃ天国の天使ですか・・・その発想はなかったな~(^^)
どんな天使になるんでしょうね。
NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR