検査報告&天使が姿を見せたなら?3

本日は病院の日でした。(神経科とは別ね)
薬をもらいに行くのと、
前回やった血液検査の結果を聞くのとです。

前回は、5月初めにノドと胃から出血して
それがすこし落ち着いてから行ったのですが

そのときは胸部レントゲンやら、血圧測るやら
血液検査やらで
「なんか大変なことになっているんだろうか・・・」という感じでした(+_+)



で、結論からいいますと
特に問題はありません。

あるといえばあるんですが
それは私の持病として「ある」レベルの話なので。

胸部レントゲンにも
変なものはなにも写っていませんでしたし。
(しかし、ほんとに肋骨とか見えるんだよね~。
 なぜか新鮮)


血液検査は去年にもやっていました。
毎年一度は検査することにしています。
2歳の頃からアトピーで、症状の出る原因がたくさんありますので。

今でも食物アレルギーは特に強いです。
なにしろ、去年検査したとき
アレルギー抗体値が基準最高値の40倍近くありました(!)

だからうっかり身体に合わないものを食べたりしたら
アナフィラキシーショック直撃です。

防ぐためには自己管理しかないので
食事は材料を買って自分で作るし
できあいのものを買う時は材料をしっかりチェックです。

(今は私も大人なので
自分でやっていますが、
この調子で小中高時代の弁当を
12年間作り続けた母には、ほんと~に感謝)



※いちおう、用語の解説を。


抗体値:アレルギー反応の強さを示す値。数が大きいほど反応が深刻。

アナフィラキシーショック:急激に強く出るアレルギー反応。
 主な症状は呼吸困難・浮腫(むくみ)・じんましんなどで、生命に危険が及ぶこともある。
 食べ物のほか、合わない薬を服用したりして起こることも。



今回の検査結果ですが
40倍だった抗体値は29倍に下がっておりました♫

それでも29倍ありますけどね(苦笑)



もう何年もまえに
一度、6倍くらいまで下がったことがあるんですよ。

ただその当時の私は、
拒食症で毎日点滴やっていたか
やっと回復期にさしかかったかのありさま。
たしかに抗体値は下がりましたけど
それは生命活動全体がトーンダウンしていたからなんでしょうね。

栄養状態がよくなったら、また元に戻りましたもの。



検査結果の中では
あと、コレステロールがあいかわらず低いですねぇ。
高いんじゃなくて、低いの。

ふつう、コレステロールって高くて問題になるでしょ?
病院の先生から「下げなさい」と指導されたり。

それが私の場合、低すぎて先生もびっくりらしい・・・
「ちょっと上げたほうがいいよ」と言われたこともあります。



そんなこともありますが
全体的にどうにか平穏無事ということになりそうです。



帰りに時間をつぶすため
本屋により(例によってです。はは♪)
エンジェル・セラピーの本のコーナーへ。
だって面白いから。

「天使の声を聞く方法」とか
「天使の姿を見る方法」とかが書いてある本です。


このまえ来た時は
「天使が姿をあらわすときのパターン」の中に
「黒い蝶」というのがないかしらと
願い半分、あそび半分で見てみました。

いままで6年間にわたって
かなりいいタイミングでナガサキアゲハに遭遇してきたものですから。

やはりというか書いていませんでした。



ところが今日、
同じ著者の別の本で
羽根・虹・光などとともに
「蝶」が入っていたんですよ。


天使の出現のかたちとして。
(厳密には、天からのメッセージという表現だったかもしれません)


あ~やっぱりそうだったのねーなんて
舞い上がったりはしませんけど、
書いてあってうれしかったのは否定できない。

「黒」という色のニュアンスがどうなのかは分かりませんけどね!



私は霊的世界の話とか
そのまま信じてはいません。

ただ、世界の見方としては
とても面白いと思います。

自分の置かれたところを
別の見方で見てみると
おもいがけない発見があったりしますし、
高次の存在とのつながりを感じることは
精神のレベルアップや、心の癒しにつながるからです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)