梅雨時の小さな闘い

ここのところ展覧会の準備で追われてます。

DMの宛名書きをやったり
作品のセレクトをやったり
あと、メディアに情報掲載&うまくいけば取材もしてもらいたいので
そのためにいろいろあたりをつけたりで。
(実現したらそれはそれは嬉しいです)

それも展覧会成功のためなんだからがんばりますとも。



心が不安定になるのは、
これはもう仕方ない。そういうものなんだと思って耐えます(笑)。

展示の準備の時は、たいていそうなんですけど
具体的にやらなければならないことのほか
何だかいつも心の方で“追われている感”ばつぐんなんです。

なにか忘れていることはないか!?とか
そればっかり気になっちゃいます(苦笑)。




ま、それはいいんですけど。

体調があんまりよくないですね~。


どうもこの季節にはどこかしら具合が悪くなるなぁ・・・
梅雨時から夏にかけてですね。

今は目と、目の周りが少々かゆいです。
私はアレルギー体質で
アレルギー性結膜炎の症状がこの時期、かならず出ます。



今年は春に結膜炎がほとんど出なくて
「ラッキ~♫」とか思っていたら
いちばん危い時期にはやっぱり出た!

湿気とか、低気圧とか
ダニ・カビとか
その他いろいろのせいなんでしょうね。


話を聞いてみると
低気圧は人間のさまざまなところに
影響を(それもありがたくない影響を)与えるらしい。

その人が持っている、一番弱いところに出るようです。

腰の調子がよくないひとは腰に出るし
肩こりがひどくなる人もいます。


私は心に影響が出やすいです。
あとはアトピーね。
結膜炎もアレルギーの一種なので、アトピーと似たようなものでしょう。



今は結膜炎のほか、
心臓がドキドキしたり
胃のあたりが重くなったりしているので
心がだいぶ揺れ動いているのがわかります。

でもどちらかというと
これはおそらく、展示の準備という
特別な状況にあるためでしょう。

はじめに書いたとおり
もう仕方ないことなんで
無駄な抵抗はやめていますが(笑)、
まああるよりはないほうがずっといいですね、人間として。



ただ全体的には
以前と比べると安定しています。
「以前と比べると」という比較の問題なので
健康な状態をシミュレートするとまだまだですけど。


なんかね、5月はじめに喀血して倒れていらい
あれが一種の毒出しになっちゃったみたいな感じです。


カフェインの量を減らしても
大した影響もなく日常生活を続けていられるので
これだけでも私としては大進歩です(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR