“地下道にて”

物語仕立て、もうすこし待ってて下さいね。
ただいま、必死こいて制作中でございます!
文章にしても絵にしても
ハンパなものはお見せできない、という思いがあるので


被災者の方がけんめいに生き抜いているのだから、
私も費やせる力はすべて費やさなくては・・・

「記録絵画」シリーズ、今日もいきます。

13.9.15.地下道彩色本番
【“地下道にて” 2011年3月 水彩、ペン、墨 26.2×18.4㎝】

地下道の中という場面設定はよく描いてきた。
闇と光の対比がきわだつ世界。

それにしても停電の影響で
いろいろと混乱がきてますねー。
するかしないか、も含めて。

神経をすりへらすことおびただしい・・・(疲)

なにしろアスペルガーのせいで、
「気持ちの切り替え」がすごく下手なのでね。

その時の私の状態。(順番に変わっていくようす)

「今日は夜、真っ暗なのか~」
「不安症出たらどうしよう・・・」
「いや、我慢するしかないんだ」
「そうだよ!なんとかやり過ごそう!それにうつ病だって前より
よくなったじゃない」
「そうだった~忘れてた」
「暗くたって絵は描けるじゃない。描きたいものたくさんあるから、
『記録絵画』シリーズをひたすら続けようよ」
「よし、決まった。今日はこれで行こうっと!」
こういうのが頭の中で
ぐるぐるぐるぐる!

・・・かくして、
どうにか(無理やり)やる気になったところで


「本日はございません」



・・・がたっ。←緊張の梯子が折れた音



もう、その時の
脱力感といったら(泣笑)


「予定が立たない」
「予定が急に変わる」
このふたつがすっごくキツイんですよ。
脳味噌パニック状態&マヒ状態になる!

でも、被災した方々の中にも
発達障害の人とか神経症の人とか
ぜーったいいる筈ですよね。


そういう方々のケアってどうなってるのかな?
・・・なんて、私がここで気にしてもしょうがないんだけど。

同族としてやっぱ気になる。

関連記事

コメント

No title

夜の停電 怖いし危ないですね。
平賀敬美術館の幸さん 一人住まいなので夜間の停電の時は安全確認に行っています。
電車も動いたり止まったりで普通の暮らしにいつ戻れるか。
まったく先が見えませんが 頑張りましょう。

Re: No title

大変な時にコメント、ありがとうございます!
来てくださる方にはホントに感謝。
幸さんはどうなさっているでしょうか、気になります。
昨夜、また地震ありましたよね。
そちらは揺れましたか?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)