豪雨のち晴れ!?

展覧会作品13.7.7.0001
こちら、私の部屋の写真です。
夜逃げするわけじゃございません。

作品展初日まであと3日、
搬入まではあと2日。
これは作品を梱包しているところなんです。

したがってこの段ボールは宝の箱なのでございます。
(↑言ってみる)



これを書いているつい二日前、
7月5日はすごい雨でしたね。
関東地方にも大雨洪水警報出ましたよ。

御殿場線もとーぜんながら遅れ。

御殿場線知らない方のためにちょっと書きますと
国府津から沼津まで走っているローカル線(単線!)で
昼時には一時間に一本しか走らないことで有名な線です。

そのほかの時間帯でも一時間に二本くらい。

一時間に一本や二本でも
ないと大変こまる人が
少数ながら必ずいます。
今でもその少数民族に支えられて、しぶとく存続しているのです。

そのせいかしら、
ニュースで列車の遅延情報とかが流れて
「御殿場線」のテロップが出ると
「おおっ!出たぞ!」とミョーに嬉しかったりします。

日々、使っている身としては困ってるんですけどね。



それがたった一日で
うってかわったような猛暑日になったわけで。

連日だいぶ蒸されてますけど
心の方はわりと無事だったりします。

(梅雨明けってしたんだっけ??)



それで、天気と心の関係について。
よろめきながらも着実に準備はしてます!!という
私からのメッセージと思って下さいませ(^^)


日照時間と心の具合がリンクする――
と言う話を
神経科の先生に聞いたことがあります。
それはどうやら本当。

夏は苦手な季節ではありますが
テンションは概して高くなってくれるのです。

まして梅雨⇒梅雨明け
この落差じゃね。


私もたった2日前の自分の状態が
他人のことのように思えます。


ここ2カ月ほどは
心身ともに回復の兆しだったのですが
(うつ病・過食症その他が改善)
私の回復力も
さすがに巨大低気圧には勝てませんでした。


頭の中には霧が立ち込めて、超視界不良です。
現実の世界だったらそうね、
1メートル先がようやく見えるって程度かしら。

身体は鉛が詰まったみたいに重いし。
地球の重力がいきなり倍になったのかい、ってなもんでした。


クジラっていますよね。
あの、海にすむ巨大な哺乳動物です。

あれは何かで陸に打ちあげられたりすると
自分の重みで身体がつぶれてしまうそうです。
いつもは水の中にいて、浮力で支えられているおかげで
生きていられるんですって。

まさにそのクジラを思い出しましたよ。

爆弾低気圧でクジラの気持ちになってみる。
思わぬところで思わぬことに
はっと気がついたりするものです。


さてさて。

とにもかくにも
無事にクジラから人間に戻った(笑)ため
昨日・今日はひたすら作品展の準備です!
さすがに今は新作まで手が回りません。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)