最終日、21日迫る!!

『プルガダイス・その世界』の記事が
ヨコハマ経済新聞にも載っております!

ご紹介が遅れてしまいましたが、
メディアにとりあげられたプルガダイス、第四弾です。

岩崎ミュージアムで「安藤和夫・ニキ父子展」-家具と絵画のコラボ展

http://www.hamakei.com/headline/8061/

いったん会期が始まるとてんてこ舞いなんです・・・

今回の展示、
いままでにないほどお客様がいらしています!!
私にとっては最高記録かもしれない。
やはり「新聞を見て来た」という方が多いですね。

のみならず、
来た人のほとんどが良い反応なのです。
これは全くのフリーの人も同じ。

私自身の絵が変わってきたことも、あるかもしれない。
ともかく、こんな作風にもかかわらず(笑)
気持ち悪いとか、ギョッとしたとか、
そういう反応は今のところないのです。

なんとなく、見ていて分かります。そのあたり。
私の絵はそういう面で
人の反応がけっこうダイレクトに出るので。
最初の頃の展示では
なかなか露骨なリアクションの方もいましたよ(笑)。


さてさて。
このたびの展示には、画家の鶴見厚子さんと
漫画家のトオジョオ ミホさんも来てくださいました。

ミホさんと 13.7.17
トオジョオ ミホさんと。


ミホさんとはFBでおつきあいしていましたが
直接にお会いするのはこれが初めてでした。
ミホさんは「ガロ」でデビューしたという
ちょっと変わった経歴の漫画家さんです。

「ガロ」は、私の父の青春の雑誌なので(笑)
他人とは思えないご縁を感じます。

こちらはちょっと前に分かったことなのですが・・・

ミホさん、
なんと以前に私の父の工房にいらしたことがあるんだとか!!

私は全く知りませんでしたし、
父も覚えていなかったそうです。
ところがミホさんはしっかり覚えていらして
「もしかしたら・・・あの安藤さんの娘さんですか?」
ということになりました。

いったんは見えなくなったご縁が
何年もたって復活ですよ。


で、ミホさんを私に紹介して下さったのが
鶴見厚子さんで、
厚子さんが私の存在を知られたのが
Ushinox Ushinosukeさんの動画(これは2012年の)で、
しかもUshinosukeさんとミホさんと厚子さんは
古くからのお友達で・・・と。


・・・人の縁って不思議ですよねぇ。

世界って、広いようで案外せまいのかもしれませんねぇ。


ミホさんのHPはこちら。

http://members2.jcom.home.ne.jp/poppys_net/



厚子さんは、ご自分の個展が
7月13日に終わったばかりだったのにご来場!です。

さらに!作品を一点ご購入。
厚子さんご購入作品13.7.17
鶴見厚子さんがご購入下さった作品。
“黒い扉”です。


翼はないですが、
天使ものシリーズの一点として描きました。
厚子さんありがとうございます。


私の方でも、この展示が始まる前に
厚子さんの個展会場(銀座の画廊『巷房』)にしっかり行ってまいりました。
この時は予想もしなかった出来事までついてきましたっけ。


そのときの記事がこちら↓

「ふたつの作品展、そして奥野ビルの物語」

厚子さん撮影13.7.17
厚子さん撮影。



ここでご紹介です。

佐藤なつ子さんが、
ご自身のブログに
この作品展のことを書いてくださいました。

「なつのfuwariにっき」
http://ameblo.jp/moncome111/entry-11576034829.html

なつ子さんは元モデルでフェルト作家、
そして格闘家・佐藤ルミナ氏の奥様でいらっしゃる人です。
ご家族揃ってご来場です。ありがとうございました。



さあ、いよいよ会期は明日・21日までです!
最終日、会場でお待ちしております。ぜひともお会いしましょう☆

※最終日は17:00までですのでご注意くださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 伺えず残念

鍵付きコメントの方へ

Yutubeの映像も見てくださったとのこと、ありがとうございます。
今回は新聞記事をはじめ、さまざまな方の手助けにより
かなりレベルの高い展示にすることができました。
作品の内容からも、初の父子展という点でも、ターニングポイントになったように思います。
またお時間のある時に、よろしくお願いいたします。
NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR