天使が姿を見せたなら? ふたたび2

13.9.21来光0001

さて、エンジェル・セラピーのお話の続きです。

天使が姿を現すときには
多くのバリエーションがあるらしい・・・


というわけで、今回はそういう現れ方を参考に
自分の場合について考えてみました。
その気になれば意外と見つかるものなのね。

もっとも、さすがに私の場合だけあって
マニュアルからずれるケースもだいぶありますが・・・(笑)



今回、検証してみる
現れ方のバリエーションはこちら。
(検証ったって私の例なんだけどね・・・)


◎思考
◎夢




まず思考

これはわりと、体験する人も多いんじゃないでしょうか。

突然、いいアイデアが浮かんだりするのは
天からのメッセージを受け取っている
しるしだというんですから。

そのアイデアは実行していてムリがなく
幸福感を感じる、といいます。


私の場合、作品を制作するとき
コレが来ているかもしれませんね。


何かを「描きたい」と強く思うとき
アイデアが浮かんだ時点で“完成した状態”が見えていますから。

そして、制作中は“何を描くべきか”で
ほとんど迷うことがないし(=明確なイメージがある)
ただひたすら、一点をめざしてゆくのです。
その時は何かが降りてきたような感覚になります。

頭に見えているとおりに再現できなくて
苦労することはありますが。


天からのメッセージというのは
必ず、その人にできる一段階ずつ、
やるべきことを指示してくれるそうです。


私が作品にとりかかっているときもそう。

とりあえず、次に何を描くか。
もっと細かくは、今描いている作品で
次にどこに手を入れるか。

小さな一段階を示すアイデアが
ひとつずつ湧いてきます。

一足飛びに何か大きいことを
やろうとしても、
今までずっとそれはうまく行きませんでした。



もっとも私にはアスペルガーという
ちょっとばかり特殊な事情があるため、
一概にこういうことが
天からのものとも言い切れませんね(笑)。


※アスペルガーの人の特徴として、
 映像による思考/記憶というものがあるため。
 たとえば文章を書くとき、まず映像が浮かんで
 それを言葉に置き換えたりする。

※また、熱中するとほかのことが見えなくなる
 という特徴もある。




次の


リアルな夢は私にとっても身近ですが、
ざんねんなことに「リアル」の一点を除けば
“天からのメッセージ”の対極にあるモンばっかですなぁ(泣)。


ただし。


ときどきですが、
自分が作った空想世界の夢を見ることがあります。

まさに、オリジナルキャラが出てくる
映画そっくりの夢。
出てくるのは獣目や黒天使アッシュエルが多いです(笑)
皇帝陛下もわりと出ます。


獣目13.9.13
コイツとか



本番アッシュエルブログ用0001
この天使とか



皇帝陛下13.9.18
このおっさんとか・・・



これが実写で出てくるんです。
色彩は昔のカラー映画に近く、非常に細かいところまで
のちのちまで記憶しています。


こういう夢を見た時は、その幸せなノリで
一日うまくいきます(マジ)。



ただ、見ている時の感覚は
本に書いてあるのとはすこし違うんです。

本には「暖かく、抱擁されている感じがする」
とありましたが
私が見る夢は冷気を感じます。それも毎回。

しかし、それが決して不快ではなく
涼しい風が吹いている感じなのです。


夢の中に空気感も感じます。
雨上がりの、
ちょっと埃っぽい匂いがただよっている空気に近いです。



さてさて、
次回はまた別の“現れ方”をとりあげてみます。
皆さんの中にも、「こういう体験があった」
ということ、でてくるかもしれませんね。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)