「八〇〇中心」で森直実絵画展やってます

11月4日(月)まで
横浜中華街の「八〇〇中心」で森直実さんの個展をやっています。

森直実さん13.11-10001


森さんは写真家で画家。
今回の展示は油彩が中心で、
大道芸人やクラウン(道化師)の肖像画などが並んでいます。




森さん13-10001


上の方に並んでいる仮面も森さん作。

向かって一番右にある
赤いテントの絵は
なんと10代終わりの時に描いた作品だそうです。

森さんは野毛の大道芸をはじめ
アルゼンチンの大道芸の写真を撮ったり
道化師の絵を描いたりしていますが、
このころすでにサーカスの絵を描いていたんですね。


森さん13-20001

森さん13-30001

いろいろな道化が出演している、
大道芸のポスター。

「道化」というと
日本ではピエロしか知られていませんが、
実は「道化」という役には
もっとたくさんの種類があるそうです。

人間の感情をデフォルメしたのが
「道化」であるため
たとえば嫉妬深いもの、怒りっぽいもの、
偉ぶったもの・・・などさまざまなのだそう。

日本でよく知られている「ピエロ」は
道化の一種ではあるのですが
チビで、抜けていて、いつもドジばかりで、不細工で・・・
というキャラですね。

こういうキャラを馬鹿にして笑うという構図に
森さんは批判的で、
それでもっとちがう道化の姿を描いているんだそうです。

数多くの「道化」は、
実は見ている側の鏡像なのですよ。


まあね、
私も嘲笑的なコントとか苦手だし、
その感覚は分かります。

森さん13-40001

なんだか気に入ってしまった絵。
じつは未完成作だそうです(笑)



森さん13-40001_1

森直実さんの人物画だけを
ここまでまとめて見られたのは初めて。

ますます好きになりました(^^)


好きになったのはおそらく、
人間の捉え方に自分と共通するものを
感じたからだと思う。


基本的に「この世は涙の谷」だと思っているはずです、
森さんも私も。

そういう中で人間がどういうふるまいをするか、
どんな生き方をするか。

それを透徹した目で見ようとしているんだなと
私は勝手に思ってます(笑)。



森直実さんのUPはこちら。

http://naomi-mori.main.jp/home.html

個展の詳細はこちら。
http://naomi-mori.main.jp/gusyou.html

ちなみに11月2日のブログ記事に
私が会場に行ったことを書いてくださってます・・・(*^_^*)
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR