“荒れ狂う風の中で”

荒れ狂う風の中で ブログ用0001
【“荒れ狂う風の中で”  2010年 油彩 F15号】

これは、春蔵絵具を使い始めた初期の作品。
「住民たち紹介 其の六」でご紹介した
絹髪が出演しています。

只今、新作を描いているまっ最中なのですが・・・
・・・疲れた。

持てる力をぜーんぶ使いきってしまって、
体が半透明のスケスケになった感じ。
血管の中に血じゃなくて、ただの塩水が流れてるみたい。

しかし、なぜこんなに疲れるんだ?
この、慢性グロッキー状態は一体?
そんなにしょっちゅう出かけたりしないのに・・・

と思ったので、
試しに先日のとある一日で何をやったか
思い出してみました。

午前中は素描やって、
午後は100号キャンバスに下塗りやって、
夜は夜で
新作を3点同時進行して、
その合間に家事やってた。


・・・これで疲れなきゃヘンだろうに。

でもねえ、
こうしなきゃいられないんですよねえ、私。

神経症との付き合いが長いせいで、
いつのまにか「うつ回避」を
自分でやるようになってしまった


なにか夢中になれることを見つけて、
そのことを必死で考えて、
無理やり自分を興奮状態に持っていく。

そうしていないと体が動かないから。

それが普段からの習慣になってしまっているんです。
体力の大半を「興奮状態作成」に費やしてしまう

それが効果をなくすと(=うつのスイッチが入っちゃうと)
対処のしようがないんですね。

プルガダイスがここまで綿密&濃厚になったのは、
いつもやっている「うつ回避」のおかげなんです。
(おかげってのもミョーだね)
制作量が多いのもそのせい。

ときどき
「もう休まなきゃ」って思って
制作も中断したりするんだけど、
果たして休息になっているのか
それも謎なんですよね。

何もしないでいることにも
耐えられなくなっていくから。

だからね、
いいんだか悪いんだか
よく分からなくなるのw

仕事がアーティストだから
作品をたくさん描けるのはありがたい。
でも強迫観念に動かされるんじゃなくて、
もうちょっとラクに動けたらいいな・・・とも思う
私なのでした。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)