切支丹の聖夜 Inプルガダイス

連載中の劇画『淵からの声』は今回お休みいたします。
なぜかというと、
あまりにクリスマス向けではないからです・・・


というわけで、別の作品をお届け。

わたくし、この日のために短編劇画をご用意いたしました。
年賀状に追われつつ4日ほどで集中制作。
以前から描きたいと思っていたそのネタは・・・

「切支丹のクリスマス」。

※これは完全にファンタジーの世界です。
 ですから、衣服その他の時代考証はまったく自由にしております。

ではどおぞ↓


13.クリスマス10001







13.クリスマス20001








13.クリスマス30001








13.クリスマス40001








13.クリスマス50001








13.クリスマス60001








13.クリスマス70001

おしまい。



ちょっと補足します。

セリフに出てくる固有名詞は
雰囲気を出すために、切支丹時代の用語にしています。
芥川龍之介の小説とかを参考にしました。

「ベレン」=ベツレヘム(ベトレヘム)
「ジェズス」=イエス
「エジット」=エジプト


また、最後に出てくる歌は実際にある讃美歌です。
私も子供の頃、クリスマス会や礼拝で毎年歌いました。
「天」は「あめ」、「地」は「つち」と読みます。


それではみなさま、
良いクリスマスを☆
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)