今年も描きまくりました

13.12.26モノクロ油彩0001
【“首なし十字のもとに”  2013年12月 油彩 F10号】

こちら、数日前にできあがった油彩です。

白とグレーの絵具をどっぷり出して
ペインティングナイフ使いまくりで、
ほとんど画面にたたきつけるような勢いで描きました。


ますます野獣派に傾倒してきている私です。


※野獣派・・・フォービズムとも呼ぶ。ルオー、マチス、ヴラマンクなどがいる。
        激しいタッチと色彩が「野獣のようだ」と言われたことからついた名前。
        実は悪口だったのがいつしか正式名称になった。




今年もずいぶんと作品を描きましたねぇ。

どのくらい描いたのかな、と思ったので
ためしに勘定してみました。


結果がこちら


油彩  48点
劇画  242ページ
水彩  15点
鉛筆画  27点
版画  1点
その他  6点



しめて97点+242ページ



制作ツールが以前よりもぐーんと広がりましたから
油彩の占める割合が減っていますけど、
こうして見るとけっこう描いてますね。


一年間の画像ファイルを
順にひもといて数えたんですが、
油彩の画風が大きく変わっているのに驚きました。

それもラスト1カ月で大幅に変わっている。


今、まさにたった今
私が熱中しているのは
冒頭にあげたようなモノクロ&フォーブ風。
暗黒世界リターンズとも呼びます。

これがはじまったのは12月2日からなのです。

日付までちゃんと分かっちゃってます、
その日の画像フォルダに
記念すべき第一作目が入っていますから。


始まるまではまったく予期していませんでした。
それが今になれば、始まる前のことの方が不思議だったりします。
この描き方を知らなかったんだなあ、と。


もう年末で、来年のことも考える時期ですが
こと作品に関しては、自分で予定が立ちません(笑)
ただ、来年もめいっぱい描き続けるということは
おそらく確実でしょうね。
モノクロシリーズで描きたいものがまだまだ控えていますから。

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR