NYS2014のメッセージカードを受け取りました

さて、New Year Selection2014のご報告
その二です。


会期中、投票いただいた方からは
作家個人あてにメッセージをいただけるようになっているのですが
私のもとにも多くのメッセージが届きました。

皆さま、ありがとうございます。


ただ、
メッセージの部分だけ切り取って
作家に渡す形のため、
どこのどなたが下さったのか分からないものが多いのです。

(それを見越して、お名前まで記入してくださっているものもありました。)

抽選で作品が一名様に当たる!という
展覧会だったため、
投票用紙そのものは記名だったのですけどね。


「会場に行きましたよ!」という方、
もしさしつかえなければ、私あてにお知らせいただければ幸いです。
メールはnikiあっとマークando-kobo.jpです。



文章を読んでいると
あ、この方は私の絵を見て下さっているんだな、
というのが分かったりします。

「作風変わりましたね」とか
「今回は天使ではないのでしたね」とか。

ほかにも、自分なりに解釈しているコメントとかがあって
読んでいて興味深いです。



今回の展覧会にあたっては
アートの世界で知り合った方々だけでなく
広くお知らせしてきました。

やはり投票ともなると、
たくさん入ると嬉しいものなのです。
(これは人間の自然な感情)

しかしこれは、たぶんお知らせした方だけじゃないでしょうね。

それだけで80人中8位まではいかないと思う。




実はNew Year Selection展には参加者に特典があって。
上位4名は画廊のグループ展に無料で参加できる、
というものでした。

私は8位だったから
そこまで食い込みませんでしたが、
でもそんなことはどうでもいいんです。

昨年よりも上位にいっただけで嬉しいし、
それは私の作品が進歩していることなのかもしれませんから。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)