春蔵絵具 実践の巻

只今、私のブログは「ヴァージンフェスタ準備・特別期間」です。
(いつ決まったんだろうね?w)

一揆軍統率者の肖像 ブログ用
【“一揆軍統率者の肖像”  2010年 油彩 F20号】

昨年、私はそれがきっかけで
春蔵絵具に出会ったのですが、
今回UPした油彩は、その春蔵絵具を100%使って描いたのです。

まあ、私ごときで「作例」になるか不明ですが。

衣装の赤色にご注目!

これです、これ!
これぞ、春蔵絵具のカーマイン!!


・・・うーん、でも写真だと色がいまいち。
本当はもっと鮮やか&深い色です。
この作品を見て「色がいいね~~!」と
言って下さった方がいるのですが
す、すいませ~ん、
それは私の功績じゃないんですう・・・(笑)

この作品はタイトル通り
農民一揆のリーダーを描いた肖像画。
舞台は中世ヨーロッパ、12世紀ぐらい?

まあ、特に史実とか気にしないで
あくまで架空の中世ですけどねw

でも
農民一揆にしては衣装が派手・・・?

もしかしてこの人、本当は貴族の出なのかもしれないですね。
今の支配者に追放された、とある一族の末裔とか。
それで追い落とす機会を狙っていた、という物語。

ちなみに、彼が持っている武器は
「フットマンズフレイル」といいまして、
長―い棍棒の先に重りが付いていて
それをぶち当てるというものです。

威力が大きく、特別な訓練もいらないので
実際に農民兵がよく使ったそうです。

なんて、
ちょっぴりウンチクかましちゃったりしつつ
「春蔵絵具実践の巻」でした。

春蔵絵具HPには、右のリンク集からどうぞ☆

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こちらこそ、こんにちは☆
ヴァージンフェスタ、楽しみにしてくださっているようで
私も嬉しいです。
原画のほか、ブログ未公開作品も出展しますよ。
そう、作品の色なんですが
油彩はわりとモノトーンが多いのです。
ところがコラージュでは、その反動のように色が鮮やか!
どちらもまぎれもなく、私の世界なので
自分でも不思議なくらいです。
今回の作品は、油彩に鮮やかな色を使ったという意味で
けっこう記念すべき絵なんですよね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)