M100号開始

数日前からM100号の油彩を始めました。
まだ絶賛制作途中。


M100号142100001

なぜか私はこのサイズ、描きやすいのです。




「M」というのは海景用(Marine)によいサイズ、
という意味です。

キャンバスは「F」規格が一番正方形に近く
次に「P」、さいごに「M」と
だんだん長細くなっていきます。

海景用ってことは
本来的には横長で描くものなんでしょうね。
でも、別に決まりはないので縦にしてます。



生まれて初めてM100号を描いたのは
2010年のことで、
その時は10日で完成したのでした。

(そして、完成したその日に
 私の人生を変えた人が亡くなりました)


その時の作品がこれ。

不在者の帰還 ブログ用0001
【“不在者の帰還”  2010年5月 油彩 M100号】



今回もけっこうなスピードで
進んでいますが、
別に最速記録を更新するのが
目的ではないので(笑)
自然なペースで描き進めるつもりです。



10日で描いた“不在者の帰還”は
2012年に日本アンデパンダン展に初出品しまして、
どうやら妙に話題になっていたらしい。
「これ、誰が描いたんだ!?」という調子で。

その年は前年の東日本大震災を扱った作品が
アンデパンダン全体にとても多くて、
私の作品もその流れで見られることが多かった。


まあ、そうかもしれませんね。
だいたいこの作品自体、死者の遺品をテーマにしていますから。


ところが制作年を見ると「2010年」なものだから
「作者はいったい何者なんだ??」となるわけです。




アンデパンダンには今年も出すつもりですが、
もし余程いいペースで制作が進んだら
冒頭にUPした油彩を出品することも可能かもしれません。

無理はしませんが、もしかしたら。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)