たまには外の世界へ

前回のストーリー記事、
挿絵を表に出しました。

ああいった、
半分妄想・半分哲学、みたいな物語が
よく浮かぶわけですよw

結構長くなったんで
前・後篇に分けてもよかったかもね?
まあ、そういつもいつも
あの長さではないんでご安心を。えへっ☆

さて。
前置きはこのぐらいにして、
たまには外の世界のことを。

小田原のニコカフェ、 「フェルト展」の話です。
5月2日~5月10日。
「期間中は通常通り、水曜日曜定休日の朝10時から午後5時までとなります。
ランチはスペシャルランチ1種類を予定しております。」
とのこと。
神奈川県小田原市栄町2-15-26
0465-43-6692
新栄通りから国際通りの間です。

この建物ね。
ニコカフェ11.5.2.外観 決定0001

で、中の様子。
11.5.2.フェルト展バッグ決定0001

11.5.2.フェルト展3 決定0001
これがみんなフェルト!
いろんなことできるんだな~

ニコカフェすすり茶の席 決定0001
こちらはお茶の席。
下に敷いてあるのもフェルトなんですよ!
これ、羊の毛の本来の色で、染めたりはしていないんですって。

じっくり見せていただいた後、
そのフェルトの敷布の上で(笑)「すすり茶」をいただきました。
11.5.2.すすり茶1決定0001
「すすり茶」はお茶碗の中に葉を入れて、
ぬるめのお湯で楽しむもの。
ふたをして隙間からそーっと「すする」のですが、
まったく苦くない!
私は甘味・塩味・苦味といろいろ感じました。

写真左がそのお茶碗です。
なぜお箸があるのかと言うと、
出した後のお茶の葉を食べられるから。

そして、お茶の葉の美しいこと!
翡翠(ひすい=緑色の宝石)と書いてミドリと読みたい色でした。

なお、「すすり茶」会は右のリンクのうち
「雲水たみお」ブログの方の主催です。

コメント

ありがとうございました♪

ニキさん、先日はフェルト展にお越しいただきありがとうございました!
すすり茶のご紹介もありがとー♪
本当にこのお茶の葉は翡翠のように美しいですよね。
見るたびに目が洗われるような気持ちになります。
すすっていただけてよかったです。

Re: ありがとうございました♪

yuriさん
来てくださってありがとうございます☆
今までにないお茶でした。
ほんと――にひとしずくずつ、大切にいただきたい味。
「良薬口に旨し」ですね!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)