ベラドンナ・アート展およびベラドンナ小品展に出します★

アンデパンダンが終わって早々ですが
あらたな出展のお知らせです。


ベラドンナ・アート展および
ベラドンナ小作品展に出展いたします!!

ベラ10001
第10回ベラドンナ・アート展
会場:東京都美術館  一階第四展示室
会期:2014年4月18日(金)~22日(火) (21日は休み)
   9:30~17:30 入場は17:00まで
主催:ベラドンナの會 http://belladonna-art.jp/ 




ベラ20001
ベラドンナ小作品展

会場:アモーレ銀座ギャラリー  
http://amoreginzagalleria.blogspot.jp/   
会期:2014年4月7日(月)~26日(土) 12・17・23日は休み
   11:00~19:00
   ※18日~22日は14:00から
   

〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8奥野ビル515号室
Mail:otomenogallery.ginza515@gmail.com
TEL :050-3693-0031
Twitter:https://twitter.com/#!/AMORE_Ginza
facebook:http://www.facebook.com/pages/アモーレ銀座gallery/309174835832646




両方とも「ベラドンナの會」が主催です。
なにやら秘密結社めいた名前で素敵ですね。

これは女性作家限定の美術會で
1987年にベラドンナ芸術として始動したのがはじまりです。
「第10回」なのは名前が変わってからで、
実際の活動はもっと長いのです。



私がここに参加することになったのは
まるで神秘のような偶然からでした。

昨年、ある用事で銀座の画廊に行ったところ
そこに置いてあったDMに何やら見覚えのあるロゴを発見しました。

それは私が、一番最初に公の場で評価されるきっかけとなった
春蔵絵具のロゴだったのです。

春蔵ロゴ

私が見たのとまったく同じではありませんが
この字体・左のマークでした。

※春蔵絵具については以下の記事を参照ください

「『不在者の帰還』の不思議な思い出」
「春蔵絵具のこと」




おや、これはーと思って
DMを手にとってみると
会場がなんと奥野ビルじゃありませんか。


奥野ビルにも深い思い出があるんですよ、私。

まだ作品展もしていなくて
自分も行く末がまるで見えずにさまよっていた頃、
奥野ビルの画廊で絵を評価してくれたところがありました。
たしか2008年。

その励ましのおかげで、2年後になんとか
初個展を開くまでこぎつけたのでした。

※その思い出についてはこちらの記事参照



まあかくのごとき事情で
私にとって記念すべきことがらが二重にあったわけです。
それで行ってみましたよ。

「アモーレ銀座ギャラリー」なる画廊に。


行ってみたらなにやら
私の世界観/完成にすごくよくマッチした作品展を
やっていまして、
それが〈春蔵絵具を使った作品展〉というコンセプトだったのです。
(それでDMに春蔵絵具のデザインがあったのです)


会場には作家さんで、
しかもアモーレのスタッフだという方が。

私は自己紹介をして、
春蔵絵具と出会ったいきさつや
今でも春蔵を愛用していることを話しました。

うまい具合にデジカメを持っていたので
保存していた作品も見ていただきました。


それで話がどんどんはずんで、
「ベラドンナ・アート」のことを教えてくださったのです。




・・・以上、私がベラドンナ・アート展に出すきっかけとなったお話でした。



私は今回、天使モノの最新・完全未発表作品を出します。
アモーレ銀座ギャラリーの方はまったく別趣向です。

日本アンデパンダン展は
国立新美術館でしたが
今度は東京都美術館です!!

都美術館の方は展示が4日だけなので貴重ですよ。
皆さま、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR