「あのころ」っていつなの

ミズキ144250001

よく「あのころは良かったな~」
「あのころにもどりたい」
という言葉を聞きます。

みなさんはどうですか?

私にはそういう「あのころ」がないことに気付きました。




幼少期。砂場で遊べない。
水遊び、泥んこ遊びができない。

感覚に障害がある私にとって、
靴に砂が入るのは
靴にムカデのかたまりを入れられるようなものだったし
水や泥をさわったりするのは
腐食性の酸をさわるようなものだったから。


ほかの子供たちのはしゃぐ声が耳に耐えられない。

音の出るものをすべて嫌がる。

鬼ごっこやかくれんぼが怖くてできない。



「仲良く遊びなさい」といつも叱られる。
でも私には、その方法が分からない。





学生時代。クラスに一向になじめない。

席替えのたびに、近くになった子が「ギャ~何で~」と大騒ぎをする。
ジャンケンで席を取り替えている子もいた。
この、クラス中でババヌキをしているような騒ぎが
ほとんど毎回のようにあった。


たまに仲良くなった子がいても
つきあい方が分からずに迷惑をかけてばかり。
自分のしたい話ばかりしてしまう。

一生分の恥はこの時にかいてしまった気がする。



一番よかったのは高校。
高校だけは、ほとんど誰からも嫌がられなかった。
少なくとも私自身がそれを感じることはなかった。


高校卒業後。
鬱病がいよいよ悪化、拒食症で肝炎と皮膚の病気になる。




ここまで読んできて思うかもしれませんね。
「じゃあ誕生日は?クリスマスは?遠足は?」と。


私は誕生日を友達と祝った記憶がほとんどない。
母が言うには、小学校1年のときだけやったらしいけれど。

友達づきあいというものがないから
誕生日に呼べる相手がいない。

そして私もいつしか、
自分の誕生日をめでたいと思わなくなった。


そもそも病気で食べられないものが多くて、
だれかのパーティーにも行けないのです。


クリスマスもほぼ上に準じるので省略。



遠足。一緒に行動したり、お弁当を食べたりする相手がおらず
先生といっしょにいる。

たまに、同じように孤立している子と
くっついてみたこともある。
でも話が合わず、結局別々に行動した。


家族で出かけたときの記憶。
雑木林は薄暗くて怖い。木に生えているキノコだか菌類が怖い。
車の音や人の大きな声で硬直状態になる。




私には「あのころは良かった」なんてありませんよ。
今が一番いい。

戻りたい過去なんかないから
未来に向かって進むしかないのです。
関連記事

テーマ : 生きること - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

自分も昔には戻りたくないですねー。

まあ、そこまで辛かったワケでもなく、今が一番幸せ、ってほどでも無いんですが・・・・

でも昔に帰るのもなんかヤだな、っていう程度ですが。

Re: No title

kotatsuさん
おや、仲間でしたね(^^)
よく「昔に帰りたい」って言いますけど、ほんとのところどうなんでしょうね。
どのくらいの割合でそうなのかな?と。
幸せな思い出があるのは、もちろんいいことなんですけど。

No title

自分の出会った人達の話を思い出すと、そうとうの割合で「昔は良かった」と思ってるのではないかと。

「昔に帰りたい」まで思ってるかどうかは人それぞれかもしれないんですけど、なんらかの趣味とか、やってた事とかで思い出すと「昔は良かった」になってるんじゃないでしょうか。

思い出は美化される・・・・なんてよく言いますし。
あと、年とって分かったのは、年を取ると新しい事があまり頭に入ってこなくなるのかなと。
若い時に見たもののトキメキはなかなか無いですね・・・

Re: No title

「昔はよかった」と「昔に戻りたい」とはニュアンスが違いますけど、
戻りたいほどの過去がある、と思うことで「自分は幸せだった」と認識するのかな?
と勘繰ったりもします。
思い出は美化される、ということもあるでしょうねー。

私の知人には「自分も今が一番いい」と言う人が意外といたので
ちょっと嬉しいです(笑)。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)