丹沢アートフェスティヴァル 

先日、
秦野の千元屋ギャラリーに行ってきました。

目当ては「竹村健 刻画 木版画展」。
ご本人より案内をいただきまして。ありがとうございます。
竹村さんは
「丹沢アートフェスティヴァル」の
実行委員会会長で、
千元屋ギャラリーは会場の一つなのであります。

場所:神奈川県秦野市曲松2-7-7
電話:0463 (88) 7117
5月30日(月)まで 12:00~21:00
火曜休み


です。

今回のアートフェスは「丹沢から東北へ」がテーマで、
震災で被災された方々を応援しよう!!というもの。

詳しいことはこちらへ飛んで行ってみてくださいませ。→TANGEI実行委員会

さて、こちらが千元屋ギャラリーです。
2011.5.2.竹村さん会場0001
レストランと画廊がいっしょになっています。

内部の様子と作品です。
2011.5.2.竹村さん③決定0001

2011.5.2.竹村さん2決定0001
うー、光っちゃってうまく撮れない・・・
(けっこう撮ったんですが、
ほかのは使い物にならなかったのよ/泣笑)

ここはぜひとも、
実物に接してナマでご感動くださいね!
ごまかしぢゃないよ。ホントだよ。

竹村さん、
今回の作品展は「待っていた新しい光」という題名。
でも、ただ明るいだけの世界ではないんですね。
闇の中を描いていても、不思議な光が満ちている世界。
生命の誕生と成長を、
フィルム早回しの映像で見ているような感じがします。
生命の種にあふれた、原初の暗闇ですね。

竹村さんは元俳優で、
撮影中の大事故をきっかけに
版画家に転身なさったのです。

これまで何度か
ご本人とお話しする機会がありましたが、
(私の初個展にも来てくださったの!)
そのたびに、
「生命」に向き合うことが
すごくたくさんあったんだろうな・・・と感じました。

なんか「生命を大切に」とか
もっともらしく説教されるより、
こういう人生の話一つのほうが、私にはずんと来る。


竹村健さんの作品やスケジュール等はこちらからどうぞ。
→ 「平成職人工房」



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)