Facebook新ページ開設の舞台裏+α

黄バラ145030001


トップのページでお知らせしましたとおり
Facebookに新しいページを作りました。
よろしければ「Niki Ando's Gallery 安藤ニキの作品」
是非ともお立ち寄りくださいませ。


参加したのが4月29日なので
まだ数日しかたっていないのですが
早くも90いいね!をいただきました。

ありがとうございます。m(_ _)m




さて。


いま私、そのページに書きこむときに
基本的に英語でやっているんですが。
(始めたときからその方針)


この新ページを始めた日から
にわかに忙しくなりました。


久しく手に取っていなかった
英和辞書をひっぱりだして、
ひまさえあれば
わが作品の解説を英文で試みています。

それまでの私からすれば
英語熱中度がゼロから120%ぐらいにあがりましたよ。



こんな一夜の変化も
きっかけは外から見れば小さなこと。

私がUPした画像に
見知らぬ外国の方からはじめてコメントが来たのです。
それも長文が。

今まで国内の人としかつながっていなかったのに。

さらに、ありがたいことに作品画像も
いくつもシェアしてくださって・・・ワオ

ちなみにシェアされた画像は
すべて天使ネタでした。←ここちょっとだけ重要



その方と英語で
かなり真剣な内容のコメントをやり取りしているうちに
なぜかいきなりその気になりました。
「あ、英語のページ作ろーっと(゜o゜)」
と・・・




たったそれだけの理由かって
たったそれだけです。



いや、今までも考えてはいましたよ。
FBは全世界につながっていることぐらい
私だって知っていますから。

なんのことはない、
とてもそこまで頭も手も回らなかったというのが
真相です。

国内の友達とやりとりしているだけで
手いっぱいでしたから。

それがたった一日と
たったひとつの出会いで
ここまで変わっちゃうんですから
いや~人生ってのは分からない。




ところでみなさん、
辞書って引き出すとくせになりません?


ある単語の意味を調べているうちに
いつのまにか他の単語のところを読んでいて、

ついでにその隣の単語まで読んじゃって
しまいには本来の目的を忘れる。


で、自分が書いていた文章にもどって
あ、これ分かんないんだったわと
よーやく思いだして
今度こそその単語にかかるんだけど

また上と同じことをくりかえす・・・


かくのごとく
1つの単語のために
おそろしく回り道をした結果、

日常生活では
まずほとんど使わないだろ、という単語の意味だけは
しっかり覚えてしまったりする。


寄り道している間に
自分でもなんとなく自覚していたりもするんです。
でも誘惑に抵抗できず、
結局また余計なところばかり読んでます。


こういうときのノリ方はけっこうすごい。
もう時間を忘れる。


しかもなんで、本来調べたい単語を
見ていない時に限って
辞書が面白くなるんでしょう。



これって辞書を引いている人には
かならず共通するんでしょうか。

辞書を引いている時だけ
いきなり出現する
精神世界の迷宮みたいなものなんでしょうか。


だれか研究してください(笑)

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR