迷いつつ日々ご修行

先日制作のパン。
ガス台パン焼き器大活躍です。
パン145120001_1


漫画(劇画)163ページ分の加筆が終わったでござる。
グター
「加筆中」と報告していたのがなんとか終わりましたよ。




いや昨年、本ブログで連載していた漫画なんですけどね。
『淵からの声――ある隊長の場合』というあれです。
架空の独裁国家を舞台にしたお話。


いったん完成ということにはしていましたが、
あとで見て描き足りないと思うところも多かった。
そこで、主に背景を中心に
全面的に加筆&修正をほどこしました。


もちろん今回も、アシスタントさんなんていないので
100%独力です。

とりあえず原稿はできたので
ここからUPするための準備にかかります。
スキャンして画像加工して、セリフ入れです。



・・・とか何とか言っていたんですが
もしかしたら数ページ、新しく描き足すかもしれない・・・


原稿を見ているうちに
「あ、ここにもう1ページ足したら
 話が分かりやすいかも」とか思いつくんです。

終わったーと思っても
そこからまたやりたいことが出てくるんですよねぇ。


行っても行ってもゴールが見えん・・・


しかもこれが終わったら
100号の油彩にかかるつもりだし。



こんな感じで日々、ネタにだけは困らない生活をしておりますが。


やっぱり焦りや不安に襲われることがあります。


私も、今の動向を知るために
同世代の作家さんたちの絵とかも
いろいろ見て学んでいます。

ですが、
自分の描く作品があまりにも違うもんで
けっこうヘコむ・・・


「個性があっていいねー」と
言われることもありますけど、
なんか自分だけ取り残されているみたいな

結局、描きたい絵しか描けないのは
分かっているんですけど、
それで開き直れるほどの自信がないのですよ、私。

まあ、動向を見ることも
逆に自分を見つめるチャンスではあります。
ぎりぎりのところで変えられない、譲れないのが
ほかならぬ私自身ということになりますからね。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)