二日連続で人身事故に

bara147200001.jpg

私としてはめずらしく
二日連続で外出しました。
体力が続かないので、
たいてい何日か開けないと外に出られないのです。

そうやって割と特殊な形で
二日間外にでたんですけど。(片方は片道2時間くらい) けど!



なぜか二日連続で
人身事故に遭遇・・・


それも、今まさに電車に乗ろうとしたら
直前に起こっていたという接近ぶりで。

「人身事故」って言うけど
その実はやっぱり飛び込み?
言い方をソフトにしているからよくわからない。
(たまに本当に事故のことがあるし)



「自殺の多くは他殺」というのが
私の考え方なのですが、

人身事故と聞くたびに
ともかく自分の場合は
飛び込みだけはやめとこう、
と思うんです。


人身事故で亡くなった人が
「死ななくてはならなかった背景」について
誰かに心を痛められる、というのは
まずないですよね。

みんな自分の用事で大変ですから
「えらいこっちゃ、時間に間に合わねー」とか
「こんな時にかんべんしてくれや」とか
そう反応するのが普通です。




これが異常なことなのかどうか
私には分かりません。

見知らぬ誰かのために
毎回毎回、本気で心を痛めていたら
生きている人の側の日常生活が成り立たなくなるのも事実だから。

(実際、それで成り立たなくなった知人がいます)




そう思うからこそ、
飛び込みだけはやる気にならないんですね。

こっちにとっては文字通り
一生をかけた選択なのに、
それがただ迷惑がられるだけってのは・・・
我が身があまりになさけない。

家族にだって迷惑が飛び火ですし。



死ぬ時ぐらい、なるべく人を巻き込まないで死にたい。



生きている今だって
たぶんいろんな人を巻き込んで迷惑かけているはず。
私はけっこうなかまってちゃんなんです(自覚)。

「かまうに値する存在」であるように
努力はしていますけど。

まあね、かまってちゃんだったら
逆に死なないで済むかもしれない。
日常的に心の中の「澱」を小出しにしているわけですから。



ちなみに、
両方の人身事故では
「1時間ぐらい足止めかなー」と思っていたら
意外とそうでもなかったです。

一日目は利用する路線のとなりで起きたから
10数分後には電車も動いたし

二日目は振替輸送がスムーズに行った。
関連記事

テーマ : 生きること - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

もうすでにお気づきかもしれませんが、私もなかなかのかまってちゃんです。(笑)

Re: No title

いえいえ、kotatsuさんのコメントは面白いからいいですよ(笑)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)