マンガのご利益あなどりがたし

新作マンガ、毎日せっせと描き中。

ほぼ7年前から浮かんでいたテーマです。


これはまた別のシーンだけど

14726manga2.jpg

14726manga.jpg

あ、下のシーンで
左のコマにいるのは
新しく出て来たキャラです。かなり好き(笑)。





だいたい、ストーリーが頭の中に「見える」時は
ハイライトシーンがぱっと浮かびます。
そこまでいかなくとも、
プルガダイスの住民たちの
ちょっと印象に残った会話とか。

でも、それを長編マンガの形で
つないでいくのって、
結構大変なんです。

だから今描いているのは、
断片は断片のままでワンシーンの集積にしました。



これが実はハンパでなくハマりまくる(笑)。

いや、集中するときは
たいていいつも自分の作品にどっぷりなんだけど、
今回はまたいつになく集中してます。

7年分の「描きたさ」がつまっているせいらしい。


こういう時の乗り方はすごい。
もう、朝起きるのが楽しみになるのだ。

そして、普段だったら絶対にありえないことなのに
「生きているのって素晴らしい」とか思えてしまうのだ。
私にしたら何を勘違いしているのかというレベル。


かくして、この酷暑&爆暑の日々も
制作のおかげで乗りきれそうなのですけど、
こうなると逆に
モチベーションの切れた時の反動が怖い・・・

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

「早起きしてでもやりたい事がある」「朝起きるのが楽しみ」

こういう状態こそが一番良い時ですよねぇ。
そういう時もあったのですが、今は早起きしてでもやりたい事も無く、困ってます。

あの頃の情熱また来ないかな・・・・(笑)

Re: No title

まあ私もめったにないことなので、この貴重な時期を大切にしたいと思ってます(笑)。
でも考えてみると、「朝起きるのが楽しみ」なほどのことって
そもそもあんまりないかもしれませんね。
この情熱が長続きすることを祈ってます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)