制作りぽ~との巻Ⅱ  刻心堂・『第四回骨壷展』 

さて。
『骨壷展』に展示中の作品
制作リポート後半
です。


前回はここまで行ったところでした。

hanga1491260001.jpg

メインの線は第一回目のエッチングで刻めたところです。
ここからどんどん深くなりますよ。
まあ見てってちょうだい。





ここに再びグランド(腐食止め)を引き
今度は一気に細かい描写を追加します。

(作業に集中しすぎて
 この間の写真がない・・・スミマセン)


hanga1491270001.jpg
二回目のためしずり。

やっぱり線だけだと物足りないので
「面」でハーフトーンを作れる技法を追加します。


ここでソフトグランドが登場。
最初はむずかしかったけど、ちょっとは慣れた。


hanga1491280001.jpg
腐食中。

ソフトグランドのグランドはやわらかく、ベタベタしたものなので
ニードルは使いません。

つるつるした紙にくっつけてはがしたり
直接にふき取ったり。
その点ではわりと色々できるかなー。

顔・髪・衣服・周囲などに
細かく影がつくようにします。



hanga1491280001_1.jpg
版の様子。インクを詰めたところです。

全体的に色のついているところが増えているの、
見えますか?


最初の方の版↓
hanga1491250001.jpg



hanga14912⑩0001
完成したところ。




こんな感じでできあがった作品ですが
展示するのは今回が初めてです。

版画のいいところは何度も刷れるところ。
今回はブルーにしましたが、いろいろなインクでやってみたいです。
関連記事

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)