心あたたまらない作品

hana1411100001.jpg


文化祭とかフリーマーケットとかで
障害のある人たちの作品募集!
というお知らせを見ます。

私も発達障害のはしくれなので
いちおう目を通したりはするのですが。



つい笑えて来てしまうのが
「心あたたまる作品をお寄せください」と書いてあったりすること。






・・・私、発達障害もってますが
心あたたまる作品を描いてないんですけど。



むしろ心が冷え冷えとする作品も多いですけど。
いいですかね(笑)



いや、実際どっちがメインなのか迷う。


「障害を持っている人の作品」がメインなのか、
「心あたたまる作品」がメインなのか。


この二つは決してイコールじゃないからです。



まあフリーマーケットだったら
「心あたたまる」方がメインなんだろうなーと
見当がつきます。
だから私は参加したことがない。
もっぱらお客の立場です。



たまに自分で不安になる。

発達障害でもダウン症でも
ほかの精神障害でも
はたまた肉体的な障害でもいいですけど、

本当にみんながみんな「心あたたまる作品」を描いているのでしょうか。


少なくともここに私という作家が
一人いるわけで
それだけでも反証になってはいるわけか。



あまり表には出てこないけど
たまには強迫観念&怨念渦巻く障害者アートってのも
面白いんじゃないでしょうかね。

海外のアウトサイダーアートはこの意味でけっこう「濃い」。



まあ、もし私一人だとしても
それはそれで希少価値で嬉しいかな。


これからも「心あたたまらない作品」を
いっぱい描いていこうと思います♪
関連記事

テーマ : 発達障害 - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

No title

「心あたたまらない作品」・・・・いい言葉ですねー(笑)
これからも「心あたたまらない作品」楽しみにしてます!!


まあ、似顔絵とかはトコトンまで心暖まる系で「お仕事」するしか無いとは思いますが・・・(笑)

Re: No title

なはは(^.^)
これからも「心あたたまらない作品」にご期待下さいね♪

実際「心あたたまる系」は多いんですよ。ただ、そうじゃない作品はこの世に存在しないのかと思って。
それでネタにしてみました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)