クリぼっち?

ネット見てたら「クリぼっち」なる言葉を拾いました。

栗の和菓子みたいでうまそーだと思ったら
「クリスマスに一人ぼっちでいる人」のことだとさ。

うるへー!!!という心の叫びが
いっぱい聞こえてきそうですね。



私はどこへも出ずに
家で仕事して、
その合間にクリスマス用のパンを焼いて
両親に好評でした。

つまりパンの「クリスマス用」という
修飾語がなければ
ふつうの日とまるで同じってことです。





クリスマス用

Xmas1412240001.jpg




そんな私ですが
ここ数年で何を思ったか
いささか敬虔な気分になって来ているので
本来の意味でクリスマスに心浮き立ってきてはいます。


私の敬虔になった理由が
あるヘヴィメタルミュ-ジシャンを好きになったからだと言ったら
叱られるであろうか。


信じられないかもしれないけど
彼は信心深いことで有名なのだ。メタルなのに。



ちなみに彼は
オジー・オズボーンのバンドにも
ロニー・ジェイムス・ディオのバンドにもいたことがある。





正式な信者でない私が言うのもなんですが、
クリぼっちでさびしいという方は教会に行ってみたら
いかがでしょうか。



人はいっぱい集まってるし、暖かいし。
その間、家の電気代とか浮くしw


にわかクリスチャンでもたいていのところは
受け入れてくれるはずですよ。



フランシスコ法王のような神父さんや牧師さんが
暖かく出迎えて下さるかもしれません。

カトリックなら美人のマリア像もたくさんありますし。



そして「自分こそは正式なやり方でクリスマスを祝ったぜ!!」
心の中で胸をはってみるのも
悪くないかもしれません。
関連記事

テーマ : クリスマス - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵つきコメントさま

クリぼっち、誰が発明したのやら(笑)・・・
と言いつつ、楽しいクリスマスで良かったですね(^^)

私もクリスマスは家族としか一緒にいたことがありませんから、準クリぼっちと自称しています。
幸いにもパンは予想より美味しくできました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)