不眠の基準がわからぬ

candle152250001.jpg


私は今年、神経科通い12年目なのですが。

その前から内科でよく聞かれていました。
「ちゃんと眠れてる?」と。

私は毎回「はい」と答えていましたが
どうやら今になって「いいえ」と答えるべきだったと判明。





先日、某メンヘラ系(って言うの?)サイトをのぞいていたら
不眠の症状についていろいろ書いてありました。

いや、以前にも別のサイトに
山のように書きこまれていた記憶がある。



病院でもらう薬物の名前が多すぎて
薬を飲めなかった私にはちんぷんかんぷんでしたが、
そのカタカナの羅列からは
何とも言えない凄愴さがただよっていました。


私がメンヘラ系(って言うの?)サイトをのぞいたのは
その二回ぐらいだから
当然、実体はもっとはるかに多いんでしょう。



不眠って多いんですね。

神経症の症状のひとつとして殿堂入りしているようです。




その「不眠」。

なぜ私が「眠れてます」と答えたかというと、
まったく眠れないわけではなかったから。

私、勘違いしてたんですね。
不眠てのは「まったく一睡もできず、覚醒したまま夜を明かす」
ことだと思っていたんですよ。

夜中にちょっとでも意識がなくなれば
不眠じゃないと思っていた。



最近になって
いかにまともに眠れていなかったか
よく分かりました。



眠れば必ずひどい夢を見るし。

半覚せい状態のまま
身体も動かない、眼も開けられない状態が
ほぼ連日来るし。(つまり金縛り)

子供の時の忘れたい記憶が
一月に一度は夢でよみがえってくるし。

しかも夢を見ながら「眼をさましたい!」と
願っているのに
声も出ない。だから誰も気付かないし。

そういう夜を明かした翌日は
朝から鬱で疲れ果てていたし。




こういうのが私の毎日の「睡眠」だったんですよ。



それで普通に高校通って、
普通に授業受けて、
部活もやって
学校のあとは美術系の予備校まで通って
ちなみに発達障害で。



自分がやわなのかタフなのか
わけがわからぬ。





それ以上に分からないのが
「不眠」の基準

やっぱこれって
「眠れていない」に入るんでしょうかねえ・・・。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)