Youtubeで勉強

hana15309.jpg


最近私はYoutubeをよく見ています。

音楽を聴くためではなく。

英語の動画でリスニングの力をつけるため。


あいかわらずハードロック系の動画も
見てはいますけど、
それもインタビューとかを探して
見ながら聴きまくるため。





同じに英語の勉強をするなら
やっぱり楽しいテキストで勉強したいもんね。

好きなアーティストが喋っているのだったら
いくらでも聴けますもん。
何回だって観たいし、聴きたい。


そういうのをテキスト代わりにしているから
ぜんぜん飽きないで済むのです。




あと、キリスト教関連の動画も
よく見ます。
ここ数年キリスト教に回帰しつつあるので。


宣教用の動画とかがなかなか興味深い。


私の場合、キリスト教との出会いと
いったんそこから離れたいきさつが複雑なので
ある程度の距離感を持って観ることができます。
いい意味で。

聴いているうちに
「あ、これは習ったな」とか
「この宗派はこういう点に力を入れているんだ」とか
だんだん分かってくる。




そうそう、宣教用の動画。
アメリカにはこの手の動画が多いらしいですね。
私が見つけたのもほとんどがアメリカのみたい。

「宗教大国」と呼ばれるわけです。
資本主義大国のプロテスタント大国だからなー。

このふたつは深く関連します。
プロテスタントの職業神授説が資本主義の根本にあるので。




ちなみに・・・


今、インタビューを探しまくっている
アーティストは
どうやら敬虔なことで有名だそうで、
私がキリスト教に回帰しつつあるのも
この人の影響が強いです。ただ好きなだけなんだけど。

だからインタビューとキリスト教動画、
関連しないようでいて
しっかり関連しているのかもしれない。
関連記事

テーマ : つぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)