展示のあとも大仕事

先日、岩崎ミュージアムでの企画展
『プルガダイス2015』無事に終わりました。



(お客様のひとりが下さったほんものの向日葵。
 向日葵シリーズのとなりに置きました)
himawari154290001.jpg




会期終了とはいえ、私の仕事はまだまだ続くのであります。

只今、以下のとおり絶賛作業中。






○ご予約の方に作品包装・発送中
○芳名録から名簿作成中(328人分)
○お買い上げの方、プレゼントやお花を下さった方の
 リスト作成中



さらにこのあと

○上記の作業に抜け・モレがないか確認
○売り切れた版画の刷り・包装・発送
○マンガの第二刷が来たらそれも包装・発送
○お礼状作成
○お礼状に宛名・切手⇒投函


などの作業が待っております。ふぅ~



でもがんばるもんね。
だって私の仕事なんだから、やらなきゃ画家廃業になっちゃいます(笑)





そもそも展示終了とほぼ同時に
上に並べたような作業に
とりかかれること自体、
私にとっては驚くべきことで。

ありえないほど“まとも”です。

最初の頃はまず、「終わってから何をするべきか」の
発想がありませんでしたからねぇ。

いろいろな人に手伝ってもらって
ようやくこなしていました。



これは慣れていなかったのも
そうだろうし、
自閉症のせいでもあると思う。※

(※ひとつの事で体力を使い果たす、
  基本的なことの発想が信じられないほど無い、など)


自閉症は基本的に
一生ものだけど、
今は精神面でいくらか
安定しているおかげで
症状の出方がそれほどきつくないんでしょう。


でも私のことだから、
どこか一番大切なところを
スコンと忘れていやしないかと思って
けっこう不安なのですが。



それにしてもアーティストと言ったって
絵だけ描いていればいいわけじゃないと
つくづく実感する。

大御所になるとほんと~うに
作品だけ作っていればよくて
その他の仕事はすべて人にやってもらうみたいです。

そうなるとほとんど株式会社。すごいですよね。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)