朝型と過食の関係・・・?

hana156010001.jpg


日照時間が長くなっているせいか
ここ一週間ほどやたらと朝型になっとります。


不思議です。

ほとんど去年からずっと夜型だったのに。

今は夜12:00~1:00に寝て
朝7;00ごろに起きるという毎日。
実に健康的です。





こうなったことが以前にも(いつだったっけ)ありまして
そこから考えるに

どうやら過食症気味だったのがおさまると
朝型になるらしい。
私の場合。


これはよく言われる
「夜型生活をやめるとやせますよ」
というのとは別物のようです。

なぜかと言うと、
別に夜中に起きていても何も食べないから。


2006年~2007年の
拒食症の反動期や
2008年~2011年ごろ?の
慢性的に強度の空腹を我慢していた時期とは違って

夜中に起きていてもお腹が空かないのです。


だから別に「夜中に起きているから過食に走る」
というメカニズムはあてはまらない。



私の場合、
過食症気味になっているときは
どうにかして食べる量を減らしたくて
意図的に夜型になっていることがほとんどです。

翌朝は遅くまで寝ていて
朝昼兼用にします。

2食でも3食でも
胃袋の大きさは変わらないため、
3回に分けて食べると
結局食べる量が倍になったりするからです。



こんな感じで意地になっていたのですが、
今は特に異常な空腹感を感じることもなく
ごく自然に朝型になっちゃっています。

ともかく現在の状態が長引いてくれるのを
祈るばかりです。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)