仰天しちゃった話

き、聞いて下さい・・・!!

一般的には比較的どうでもいい話なんですが、
私としては重要な話なんで聞いて下さい。


私が油彩でもマンガでもよく描いている
こちらの黒い天使のキャラ。

安藤ニキ 【わが現代の天使】 2010年7月 油彩F50号
【“わが現代の天使” 2010年 油彩 F50号】

彼は現在「エーフェリエル」=Eferielという名前になっておりまして
当初は「アッシュエル」という名前でした。

これは天使の名前によくある「エル(=ヘブライ語の『神』)」に
英語の「灰=アッシュ(Ash)」をつぎはぎした
無国籍&ボーダーレスな名前だったのです。


綴りはAshelとなります。





その後、「灰」の部分も
ヘブライ語であるEferに変更した結果Eferielとなりました。



文法的に正確かどうかは
調べきれませんでしたけど、
決定するまでにキリスト教の天使の名前を
いろいろ研究して
語形変化まで推理して決めたのです。




ところがつい先日。

人の名前について調べていたら
Asherという名前が
ユダヤ系の男性の名前で実際にあると!!


発音はややちぢまって「アシェル」となるそうです。


しかもこの名前、ファーストネームで
名前を聞けばただちにユダヤ系と分かるレベルだとのこと。

旧約聖書にちゃんとこの名前が出ているそうです。
(私、子供のころは
 聖書の勉強にどっぷりの学校だったけど
 誰もこんな名前を教えてくれなかったぞ?)



前にも書いたと思いますが
エーフェリエル=アッシュエルのモデルは5人いて
そのうちの3人までがユダヤ系、
すべてあとから知って驚いたのです。
(ちなみにその「ユダヤ系の男性モデル」の中には
 あのマーティ・フリードマンさんもいらっしゃいます。
 だって外見がタイプなんだもの)

これでまた、いよいよ関連が深くなりましたね・・・


※付記。その後、語尾の一文字だけ「L」が「R」になっていることを見つけました。
 そのため記事をやや訂正いたしました。

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)