こんなところに効くの?(゜o゜)

hana156060001.jpg


私は神経科でビタミンの薬をもらっております。

なんでよりによってビタミンかというと、
最初はもっと「いかにも精神に効く系の」を
貰っていたのに
どうやら副作用のせいで内臓疾患が出ちゃったから。



それで、ひとつには気休めぐらいにはなるかと思い
ふたつには鬱病にビタミンB・Cが効くと読み
今でも通うたびに貰っているのです。





その薬はB・Cだけでなく
ほかにもいろいろ入った総合ビタミン剤です。



で、最近どのくらいまで
回復したかと思い
しばらく飲む量を少なくしてみた。
のち、飲むのをやめてみた。




私は上記の理由で
薬なしでずっとやってきていて
先生にあらいざらい話を聞いてもらうのが
唯一の“治療”でしたし

また、飲まなかったところでせいぜいビタミン剤で
明らかな「薬」ではないから
それほど弊害も出ないだろうと思って。




そしてしばらくたって
数日前に再び服用を始めたのですが、
そうしたら



冬ぐらいから続いていた
がんこな結膜炎が一気に改善。



ちなみに精神面は変化なし。



え~~~っ・・・



くだんのビタミン剤には
BやCのほか
Aも配合されていまして、
ビタミンAが夜盲症に効くとは聞いていたのですが

まさか眼の粘膜の炎症にまで効くとは思いませんでした。


いくら同じ「目」だからって
夜盲症と結膜炎じゃ症状が違いすぎじゃろ・・・




なんだか訳のわからない
急改善でしたが、
どうやら本当に効果があるみたいなので
また飲みはじめました。

本来の目的とはだいぶはずれた効果で
今でも狐につままれたような気分ですが。
関連記事

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

自分も、薬は嫌いなのでなるべく飲まないようにしてるんですが、
「ビタミン」は、よくわかんないけど、なんかイロイロ効く気がしてます(笑)

普通の栄養ドリンクとか野菜ジュースとかでも、調子はよくなるような、気がしてます。
特に、免疫力は高くなってそうですよねぇ。

Re: No title

野菜ジュースとかスムージーとか、飲んでいる方が多いみたいですね。
ビタミンは気をつけて摂るようにしてたんですが、今回のコレはけっこうぶったまげました(笑)
まあ奇跡のように完治したわけではなく、その後も症状は出てますけど
Aは摂ったほうがよいみたいなのでこれからも続けます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)