自閉スペクトラムについて講演してきました

ajisai156110001.jpg

某所で自閉症スペクトラムについてお話ししてきました。


私の持っているアレです。
診断を受けた当時は「アスペルガー症候群」でした。
最近ではほかの発達障害と一緒に
上記の名前のもとに統一されているようです。




実は数年前から
いろんな場所にときどき呼ばれてます。
毎回、当事者として体験談を語っております。


ええ、今回もいっぱい喋りました^^

私の過去の話が人の役に立つなら
こんなにありがたいことはないですからね。



私はそもそも診断ついた直後から
喋りたい気満々だったので
今でも体験談を聞かれたら喜んで喋ってます。


まーね、私自身迷惑したことの方が
圧倒的に多いので
自虐ネタで元をとっても罪にはなりますまい。
(元をとるったって心理的なものなんだけど)



障害がなぜ「障害」かって
本人が生きていくのにハードルが多いからだよねぇ。

個性なんて言いかえてどうにかなるレベルじゃないよ。
どうにかなっていたら
そもそも障害として成立しない。




さて、たくさんの人の前で喋ることですが
やっぱりそのたびに新鮮です。

何度も話しているうちに
私自身もしゃべるべきことが整理されてくるし
伝えたいことが自分自身でよりはっきりしてくるからです。




ちなみにそこでは病名、というか障害名が
「自閉スペクトラム症」となっていました。

はて、どっちが正式なんでしょう。
私は「自閉症スペクトラム」という名前を聞いていたのですが。(?o?)



まあいいや。
「症」がどこに来るかはたいした問題ではないし。

ちょうど「障害」の「害」の字の表記が
私にとってたいした問題ではないのと同じです。

テーマ : 発達障害
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR