F100号油彩完成!

ajisai156300001.jpg


F100号の油彩がほぼ完成。
1620x1303mmのサイズです。

5年前には100号を10日で完成させていましたが、
5年ぶりにそれに近いペースでできました。





今とりかかっている100号は
ほかに3点あって
Fが2点、Mが1点。
(Fは標準サイズ、Mは一番細長いサイズ)
そのうち一点もあともう少しでできあがります。



私の作品、
個展デビュー当時から比べるとずいぶんと変わってきた。

いやわざわざ2010年に
さかのぼらなくても
1年か2年前と比べてもそうとう違う。



一番大きいのは人物が減ってきたこと。天使含む。
人物じゃなくても天使も人間の姿をしているからね。


さらに画面に抽象的な要素が入ってきました。
抽象といっても完全抽象だけのことではなく
たとえば“痕跡”なんかもかなり抽象的な表現に入ると思います。

inde153250001.jpg


「赤旗」でワシオ・トシヒコ氏がとりあげてくださった作品でした。




さらに、自分で思うに
最近どうも仏教的な味わいというか
雰囲気が出てきたみたい。

こちらは新作の部分ですが
日本画とか仏画とかに
こういうタッチがけっこう見られるのです。

trans156270001.jpg




実は私は日本画が好きなので
油彩で日本画風の画面を作ることにけっこう工夫を凝らしていたりします。

なんで油彩で日本画風を表現しているのかというと、
日本画は今まで習ったことがないし
一から始めるのは大変だし
油彩の方が絵具の扱いその他準備が楽だからです。




それにしても、
次第にたまってゆく100号キャンバスの作品を
いったいどうするべきか。

100号なんてそうそう売れないし。

過去作品で展示する可能性のないものは
できるかぎり古キャンバスとして
上に新しく描いているのですが、
さすがにもったいなくて消せない絵も多いのです。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR