長い夢

yuuyake157140001.jpg


最近、結構ファンタスティックな夢を見ることがあります。
が、その一方であいかわらず変な夢も見ます。


ときどき昔の原発事故の夢を
フルカラー高画質で見ることもあります(元ネタの画像をネットで見ちゃった)。





が、最近では
これに比べるとさらに頻度の高い夢があります。
実に恐ろしい夢です。


と言っても昔のように戦争中の夢とかじゃないのです。





これから私はかなり大きなチャレンジをすることになりそうで
今その準備期間なのですが、


神経がぎりぎりに張りつめているせいなんでしょうね、
高校の試験の夢を見るんですよ。



それも数学とか化学とか、苦手だったのばっかり出てきて
ぜんぜん準備していなくて答えが何一つ分からない、とか。





この恐怖が分かる人はおそらく私だけではありますまい。



こういう夢を見たあとは疲労感がハンパないです。





伊藤潤二のホラー漫画で「長い夢」というのがありまして。
(この作者の漫画はこれしか知らないのですが/爆)


夢の体感時間がどんどん長くなっていって
10年、50年、しまいには何千年もの時を夢の中ですごしてしまう、
という話です。

同時に、人間としての尺度をはるかに超える時間を
体験しているせいか
夢を見ている本人もしだいに人外の生き物に変貌していきます。


絵が結構グロいです。




夢を見ている本人がたしか次のように言っていました。

「いつか夢が永遠の長さになるのではないか」
「永遠の夢を見た翌日、私はどうなっているのか」





この恐怖は私にとってかなり身近なものなのですよ。

夢を見ている間って
目覚めようとしてもできないんです。
金縛り状態でぜんぜん声も出ない、身体も動かないし。

だから目が覚めるまで待つしかない。

見ている夢がひどい夢だったりすると
やっとこさ起きても後々までぐったりです。



もし死んだ時にこういう状態だったらと思って
ぞっとしたことが何回もあります。

だってそれは永遠に終わらない夢なんだから。



もっとも、死んだら脳細胞も死にますから
夢も見ないですむかもしれませんけど。





こういうことがあるので、
今日は思いっきり眠れる日だー♪という時でも
絶対に目覚まし時計はセットしておきます。

外からのモーションがあれば、その時点で起きられる。
夢を中断できるからです。
関連記事

テーマ : - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)