パソコンメガネ顛末記

私はパソコンに向かうとき
専用のメガネをかけています。


ほら、パソコンとかテレビとかの光から
目を守るためのあれ。

やっぱり使ってみると
けっこう光が強烈で目が疲れていたのがわかる。




そのパソコンメガネのパッド(鼻にあてるとこ)部分が壊れました。
ねじで止まっていたのがねじごととれまして。
(片方はとれ、片方はもうちょっとでとれそう)


ねじを締めなおそうとしたんですが
ねじが小さすぎてドライバー入らず。

さらによく見たら、
すでにねじが締まらないくらいねじ穴が広がっているんですね。
けずれちゃったみたいに。
今までどーやってそこに住んでたの??




仕方なく、某セメダインで両方ともくっつけることに。




パーツが小さくてちょっとばかり悪戦苦闘・・・

したんですが、ついたんですねこれ



接着面積があまりに小さすぎるかなーとか思いましたが
「瞬間接着剤」と銘打っただけあって
どうだい、一時間経過(←念のためにこれだけ待った)したら
指で揺らしてもビクともしませんよ。


日本製品の質の良さを感じるのはこういうときですね。
と、ちょっと日本人として自画自賛してみる。
(私の功績じゃないけど)




ただ、喜んでかけていたら
なぜか目が痛い・・・

某セメダインが乾燥しきっていなかったんですかね。
まだ粒子が飛んでいたっぽい。


仕方ないので、顔から離して手で支えたり
上下さかさまにかけたりしていたら ←(°д°)
そのうち痛くなくなりました。




パソコンメガネ顛末記は以上のところです。
いつまで持つかな~。長持ちしてくれるといいんだけど。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR