女の子たちの鉛筆画できた

simai168220001.jpg
【“姉妹” 2016年 鉛筆・紙 A5】

鉛筆で絵を描くようになったら、
描きたかったイメージが前より形になってくれるようになりました。


この絵のアイデアは2007年に浮かんだから
9年越しの制作実現ということになります。





simai5.jpg

向日葵シリーズを2014年に始めたのが第一のきっかけ、
ドローイング展に出会って鉛筆で絵を描き始めたのが第二のきっかけ。




simai4.jpg

人物と向日葵を組み合わせるのは2011年にも作例がありましたが
まだあんまり“向日葵”というモチーフにのれないというか
お呼びがかからない感覚で、
一点ぐらいでやめちゃったのではなかったかな、たしか。



この絵は向日葵をしっかり描けていないと
成立しないので
今になってようやく日の目を見るべき作品だったんでしょう。





simai3.jpg

ヒイナちゃんは相変わらずの出演。

実は今回の女の子たち、3人とも2007年から描いていました。
※原案が2007年なのでデザインが変わった子もいます。





simai2.jpg




simai1.jpg



本作で3人いっしょに描くにあたって“姉妹”というタイトルにしましたが
設定上は特に血のつながった姉妹とか考えていませんでした(^_^;)




実はこの絵の女の子たちは
3人が3人とも、幼時に見た原爆の小冊子をイメージの源泉にしています。
この子たちのみならず、ほかにも同じ小冊子の画像を源泉にしている人(キャラ)がいます。

写真だったり絵だったり、いろいろ。

長い時間を経ていく中で自己流に変貌をとげているので
作品だけ見て元ネタ(というか何と言うか・・・)を推測することは、おそらく不可能なはずです。
中には性別が逆転したキャラもいますし
複数の画像が一人のキャラになったケースもあり。

(あ、だからって元画像を推理して送ってきたりしないでね。また変な夢を見るから)



同時に設定上の舞台も完全に空想の世界に移行してしまっています。



そうなるまで表現しないでおいたということでしょうね、
今になって考えると。

頭の中に頑固に居座り続けている画像たちには
ずいぶん悩まされてきましたけど、
そういう画像をそのままキャンバスや紙に転写したところで
あまり意味がないようなのです。


今やっと再会したといったところでしょうか。





おかえり。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

NIKI 安藤ニキ・ホームページへ
プロフィール

探究者ニキ

Author:探究者ニキ
安藤ニキ
神奈川県横浜市生まれ、
慶応義塾大学文学部哲学科卒業の画家。
油彩・版画・ドローイングなど表現方法はさまざま。たまーに漫画も描きます。
作品のお問い合わせはnikiあっとando-kobo.jpへお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR