新しい連載「昭和を紡ぐ店・人」が始まりました!

朝日新聞で新しい連載が始まりました。


コンニャクヤ16917

前回の「レジェンド・オブ・ヨコハマ」に続き
ふたたび山崎洋子さんとタッグを組んでおとどけいたします。






新しい連載のテーマは「昭和を紡ぐ店・人」。


「レジェンド・オブ・ヨコハマ」では
すでになくなってしまった横浜の名所を紹介していましたが、
今度の連載は現在進行形です!
昭和の香りを残したお店と人を紹介していきます。



第一回でとりあげたのは、妙蓮寺にある「コンニャクヤ美容院」。
挿絵に描いたのが店内の様子と、店主の和田由紀子さんです。


美容院なのになぜに「コンニャクヤ」??

と思われる方も多いでしょう。



これは、和田さんのおじい様が
六角橋でコンニャクの製造販売をなさっていたことから
その娘さん(和田さんのお母様)が美容院をはじめたとき
「コンニャクヤ」としたのだそうです。


なんと創業は大正8年(1919年)、店主は和田さんで3人目です。



くわしいことは洋子さんの文章に書いてありますが、
和田さんは家庭を持ちつつ美容師として活動しつづけ
多くの賞を受賞し、「現代の名工」にも選ばれたという方。

挿絵の右上に描いたのは、和田さんの獲得した賞状とトロフィー。
しかもその「一部」です。


画中で和田さんの横にあるのは、日本髪を整えるための台。
これはかなり昔のもので、大正時代のものだとか。
和田さんは着物の着付けでも一流で、「一級着付け技能士」「上級着付師」に認定されています。
今風のスタイルももちろんおまかせ!


「コンニャクヤ美容院」については「はまれぽ」にも記事がありました。

「妙蓮寺にある、変わった名前の美容院「コンニャクヤ」って一体どんなところ?」




今回の挿絵はカラー版がとてもきれいなので
ぜひともデジタル版も見ていただきたいのです。
よって、デジタル版が出たらまたお知らせいたします(笑)

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 山崎洋子

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)