FC2ブログ

短歌誌「未来」にハードロック短歌10首

音楽ブログの方にも出した同じ記事ですがこちらでも!

短歌誌『未来』10月号にハードロック短歌10首が掲載されました。


mirai201008.jpg


mirai201008b.jpg



今回初めて、送った分10首すべて掲載!
欄末の通信欄で一言コメントもいただけました。これがあるとほんとにやる気でるんですよねー!

選者の黒瀬珂瀾さん、いつもお世話になっております。

読んで字のごとくタイトルが『天体観測者 三』。
天体観測者と書いてスターゲイザーとルビが降ってあります。

そしてタイトル通りこのシリーズは3回目となっておりまして、たいていロニーについて歌ったものが多いです。
ときどき他のアーティストも入りますけどね♪



以下、今回の歌についてちょっと解説。



1 六月は死の月の次ノドの地のチャペルでひとり幼女は祈る

2 オルゴールまだ止まらない廃校の壁の児童の絵に囲まれて

3 緑色は草、石、嫉妬、冷たい血 ワンマンバンドのリーダーの袖

4 CDは虹色だけど再生が「再」び「生」きることって何さ

5 パパもママもみたThrow Away Children GIベビーの墓碑に陽は降る

6 小刻みな訃報と知れば買っていた新年号の表紙もおぼろ

7 まじないの指文字みなが使うとき最初の指を誰も知らない

8 ターコイズブルーの空に生き物と覚しき踊り Doctor, Doctor

9 国境の幅いっぱいに横たわる鳥がわたしの番号を訊く

10 似姿もひとつのおのれバンダイキブラウンの濃い渦を背景(バック)に




1、4、6はロニーの逝去をテーマにしています。
1に出てくるノドの地とは旧約聖書に出てくる土地の名前で、追放刑になったカインが移り住んだという場所。

2はラムシュタインの曲・Spieluhrを聴いたイメージで。

3はRainbowの曲・Sixteenth Century Greensleevesとリーダーのリッチー・ブラックモアのイメージを二重写しにしたもの。

5は歌の中に出ている通り、DIOの曲・Throw Away Childrenから。

7はデビルサインについて。もうすっかり普及したけど、世に広めた本人であるロニーのことも知ってほしいよね。

8も作中にある通りUFOのDoctor, Doctorから。ハードロック短歌では曲を聴いて浮かんだイメージをそのまま歌にすることがあります。

9はDIOのStrange Highwaysより。これはそう明かさないと分からないけど、上のDoctor, Doctorと同様です。

10はこれまたRainbowの曲・Self Portraitより。




このハードロック短歌シリーズ、実はまだ続きます。また掲載されたら紹介するかもです(笑)
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 短歌 未来短歌会 ハードロック短歌 メタル短歌 ロニー・ジェイムス・ディオ ハードロック ヘヴィメタル 黒瀬珂瀾 RAMMSTEIN リッチー・ブラックモア

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)